スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップライト再び

お取引先のご依頼により、補修工事の下見に行って参りました。

問題の箇所は、ココです。
sumimune
隅鬼が屋根の上でこけていました。隅先で都合よく安定していた為、落下しなかったのが、幸いでした。よく見ると、鬼瓦は一本の銅線でしか引っ張ってありません。しかも、本来なら屋根下地から引っ張るべきところですが、そのような施工をされたようには見受けられませんでした。

鬼瓦を適切に据え付ける為には、最低限画像の範囲程度の棟を解体する必要があります。
sumimune
また、既存の棟の状態によっては、棟一本まるごと積み直さなければならない事もあります。

問題箇所の状況を、家主様に説明をした後、他に気になる所は無いか尋ねてみたところ、今年の7月に降った豪雨の時に雨漏りした事があったということで、そちらも見て見る事にしました。

雨漏りしたところは、ココです。
toplight
大型のトップライトが設置されています。

こちらには、これを含め、4箇所にトップライトが設置されており、以前にも雨漏りで相談を受けた事があります。原因は、見当が付いていた為、問題探しを始めました。

すると、やはり見つかりました。
amamori
製のスカートに穴が開いていました。

対処の方法ですが、短期的には穴をコーキングで塞ぐ事が考えられます。更に長い期間で考えると、水切の交換やガラス瓦への交換を考える必要があると思います。コーキング処置は、これはあくまでも応急的なものです。なぜならば、コーキング自体に耐久性が無いからです。穴の上部にも、コーキング処置をした箇所がありますが、これは数年前の物で、既に劣化が進んでいる状態です。露出しているコーキングに、最終的な止水の役割は期待するべきではありません。夏の高温・冬の低温・太陽からの紫外線・日常の降水など、屋根の上は想像以上に過酷な環境なのです。応急処置にコーキングを使用する場合もありますが、根本的な対策を講じるまでの時間稼ぎと受け止めていただいたほうが良いと思われます。

以前、トップライトの雨漏り調査に出動した時に、製造元であるメーカーの技術部員の方とご一緒した事があります。その時に聞きましたが、の穴開きは、免責事項になり、保証の対象とはならないそうです。念の為、現在出荷されている水切のスカート部分には、は使用されていないようです。

tag : 補修 鬼瓦 トップライト コーキング

穴は谷に限らず

7月の記事今日も、また…補修工事を先週行いました。現場を調査した後、かなりの期間がありますが、お客様のご都合によるものです。

補修内容を振り返りますと、トップライト本体及び樋の交換です。

トップライトは、大工さんとサッシ屋さんにより取り付けが行われ、その後の取り合いの施工が我々の分担です。

これが、元のトップライトの枠部分です。
amamori amamori
雨水が染みた跡が、クッキリと残っていました。こちらでは、板を加工した水切りが取り付けられていました。トップライトのメーカーさんが提供しているオプションの水切りセットを使用される事をおススメします。拙者は、トップライトを信用しているという訳でなく、まだ純正品の方がマシだというレベルですが…(笑)

樋の交換では、太陽光発電のパネルが障害物となっていました。
solar
少しでも作業を行いやすくするために、フロントカバーを外しました。支持金具の位置が、から離れていたのが幸いでした。屋根を扱う場合は、ただの邪魔者に過ぎません…(笑) パネル下の屋根材に問題が生じた時は、費用的にも面倒な事になるのでしょうね…。

今回、穴が開いた製の樋を交換した訳ですが、穴が開いていたのは、これだけではありませんでした。

このように、製の軒樋にも穴が開いていました。
bronze
ここは、雨漏りなどにはつながらない為、放置となりました。これまでにも、軒樋の穴開きを見た事があります。中には、500円玉大の穴開きを見た事があります。

tag : 補修 トップライト 軒樋

棟包交換工事

一昨日の記事天井裏から…の補修工事に出動しました。

まず、既存の棟包とそれを留め付けている木材の撤去から始めます。

散水テストの結果、水の侵入経路が確認された場所の状態です。
amamori
釘穴から雨水が侵入した事が、改めて確認されました。ちなみに、この釘穴は木材を取り付けたときの釘穴なのですが、野地板のみにしか釘が効いていませんでした…。本来なら、隅木に効かせる必要があるのですが…。

この他でも、雨水が浸入したような箇所が見つかりました。
amamori
ちょうどこの位置に合ったコロニアル本体にヒビが見つかりまして、撤去してみるとヒビの線に沿った形で跡が残っていました。雨水が入った痕跡もクッキリと残っていますね。
amamori
棟から雨水が浸入している跡が残っています。こちらの屋根は3寸勾配ですが、釘穴手前まで雨水が到達しているのが、良く分かります。最近では、条件付きで2.5寸勾配でも葺けるようになっていますが、個人的には3寸勾配が限界なのではと思います。

割れやヒビが入っているコロニアル本体の交換等を行った後、木材を取り付け、棟包の施工へと進みます。
hosyu

三つ叉部分は、以前より見栄え良く納まっているのではないでしょうか。
hosyu hosyu

今日の夕方、左官屋たくちゃんさんの事務所に、突然おじゃましました(笑) 見積り中だったのですが、話し相手になっていただきました。お忙しい所、ありがとうございました。また、のどが渇いた時におじゃましますので、その時はよろしくお願いします(笑)

tag : 雨漏り コロニアル 棟包

天井裏から…

今日は、お取引先のご依頼で、パッと見は異常無しの現場に出動しました。こちらは、棟包の交換工事をすることが決まっており、事前に散水テストを行い、雨水の侵入経路を正確に把握しておきたいとお考えになられたようです。現場調査後も、大雨が降った事があり、その時も雨漏りが起きたようです。屋根の状態としては、重症と言えるでしょう。

問題の箇所は、既に天井が壊されており、準備が整っていました。

先日の現場調査の際に、これらの塗料でくっついた状態の本体を問題視していました。
amamori amamori
室内に雨漏りしている位置とも近いため、こちらを重点的に調べようと考えました。

庭からホースを伸ばし、早速散水です。水の勢いが強くなりすぎないように心がけました。問題を切り分ける為、棟包にかからないようにしました。また、普段の雨を再現するため、真上からの散水としました。

散水を始めて、1~2分後には室内にポタポタと水が落ち始めました。
research
画像の下の方が軒先方向です。丸で囲んでいるのが本体の釘で、この釘穴から水が落ちて来ました。

この位置は、棟包が被さっている範囲になります。散水の仕方からも考え、この塗装でくっついている事が雨漏りの原因となった判断に間違いは無かったようです。

tag : 雨漏り 補修 棟包

スリット商品

一昨日、お取引先のご依頼により、現場調査に行ってきました。スレート系の屋根材で、割れている箇所があるので、対処してほしい旨でした。

早速屋根に登ります。屋根材は、製造休止になって久しいスリットの入った商品でした。その一部が割れていました。破片が残っていたのが幸いでした。
slit
この商品は、幅が約600ミリで、2本のスリットが入っており、乱葺き調の仕上がりが特徴の物です。他にも、スリット商品はありますが、このような特有の割れ方が、あちこちで発生しているようです。スリットの無い商品に比べ、構造的に弱いのだろうと思っています。

スリットの無い商品ですと、以前の記事に書きました手順で、本体を交換する事が可能ですが、スリット商品ですと簡単には行きません…。破損した本体を取り除こうとすると、重なって来ている上段の本体が、よく割れてしまいます…。過去の経験でも、交換の依頼があった訳ですが、実際には破損した本体の数倍の枚数を交換する羽目になってしまい、日数と手間が大幅にかかってしまいました…。

このあたりを配慮してか、メーカーの施工マニュアルでも、破片がある場合は、それを接着するようになっています。また、破片が無い場合は、新しい本体を切断加工して破片を作るようになっています。

拙者は、このような事情を踏まえ、スリット商品はおすすめしないようにしています。また、これから屋根材を検討される方で、このようなメンテナンスについて納得出来ない方は、ご指定にならない事をおすすめします。

tag : スリット 交換

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。