スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月22日 part3

今日は、朝から雨天でしたので、現場作業はお休みでした。そこで、一昨日に隅鬼(すみおに)の据付を一部で行いましたので、その模様をご紹介いたします。据付を行ったのは、大屋根の南東と南西の箇所でした。

実際に施工する棟の幅と勾配をチェックしています。
sumimune03

実際に、鬼瓦を仮置きしてみます。
sumimune04

水平器や差し金を使って、鬼瓦の勾配や水平をシビアに見ます。
sumimune05

必要に応じて、邪魔になる部分のケガキを行います。
sumimune06

これは、不要な部分を落としている様子です。
sumimune07
時には、このようにタガネを使用する場合もあります。
sumimune08

鬼瓦が欠けない様に、隅巴に乗る部分は面取りを行います。
sumimune09

鬼瓦を据付けた状態です。予め、下地から出しておいた銅線で、鬼瓦を引っ張ります。細かいところですが、素丸に乗る部分にはシリコンを使っています。ちなみに、鬼瓦の穴の中に、文字が見えると思いますが、この鬼の寄付をされた方のお名前を記した札です。鬼瓦に書き入れるスペースが無かったため、瓦で札を作り、それに書き入れていただきました。鬼の内部に接着して納めさせていただいています。
sumimune10

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。