スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(仮)勾配バッチリくん

今日は、現場作業はお休みです。

以前、瓦の原寸図をご紹介したことがあります。
gensun07
gensun08
図面中、16°とか22°という風にのし瓦の勾配が書いてあります。このように瓦を葺いていく上で、勾配は重要視されます。

施工中、いろんな場面で勾配を確かめながら、施工をします。
koubai01
minoko17
sumaru29
minoko02
sumitomoe02

そこで、本日のトピックスですが、のし瓦の施工の際に勾配を測定する必要がありますが、のし瓦の断面はご覧の通り曲線になっています。
senbetsu07

そこで、正確かつ円滑に測定出来るように現場で考案されたのが、(仮)勾配バッチリくんです。

これは、ある日の昼休みに現場にて製作していた時の様子です。

まず、アルミ製の材料をこのように加工します。
koubai02
ペーパーで仕上げもします。
koubai03
勾配計に装着します。
koubai04
完成品です。
koubai05
これが、使用例です。大のしにも対応できます。
koubai06

現場の職方の間では、これを商品化しようと考えています。一般の方には無用かと思いますが、同業の方でご希望の方がいらっしゃれば、通販出来ます。管理人宛に連絡先をコメントでお知らせください。

他にも、親方をはじめ職方のアイデアやノウハウが多く見られますが、企業秘密ということで、公開しないように言われている事もあります。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。