スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二の平選別

日曜日からグッと気温が下がりまして、昼間の現場では「寒い」という言葉を始めて聞きました。

まずは、本日の進行状況からです。

土曜日に掛唐草の取り付けを行っておりましたが、その部分は完了いたしました。
minoko08

拝み部分の切り合わせも、この通りです。いつもの事ながら恐れ入りました。
minoko09

北面においては、素丸葺きもこの通りです。定規(手製)に合わせて納められています。
sumaru13

また、隅棟においては、補強用の金具の台座を取り付けました。具体的な施工方法は、実際の施工段階にてご紹介したいと思っております。
sumimune02

28日は、瓦揚げ機を使っての荷揚げ作業を予定してまして、屋根面での運搬用の足場も設置されました。
ashiba01

さて、本日のタイトルの件です。

二の平は、掛唐草の上に葺く瓦です。右用と左用があります。形状は、このようになっています。
senbetsu02

それでは、選別の方法です。要は、瓦のねじれの方向と強弱の区別を付けていく作業です。屋根上で葺く時は、それを組み合わせて葺いていくのです。枚数にして、およそ200枚弱を選別します。

まずは、作業用の台に選別する瓦を置きまして、手で押さえてみます。
senbetsu01

そして、カタカタと音がする方向に印をつけます。画像では、向かって左手前に印が付けられています。ねじれが強めの時は、印は2本線になります。
senbetsu03
senbetsu04
senbetsu05
senbetsu06







スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。