スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原寸図 1

今日は、久しぶりにスッキリしない空模様でした。時折、小雨もふってました。

まずは、南面の定点観測です。地葺きがかなり進み、葺ける瓦も残りが少なくなってきました。
jibuki31
軒巴も、隅先を残し取り付けが終わりました。
nokitomoe02
次の瓦の入荷は、10月24日(金)の予定です。進入口で下水道工事が行われており、通行止めの場合があるのですが、工事業者さんとは連絡済みです。

さて、本日のタイトルの件です。屋根面での作業ではありませんが、非常に重要なことです。壁の取り合いや棟などは、親方が、原寸図を作成し、施工者は、それに忠実に施工しなければなりません。画像は、実際に作図中の模様です。使用される瓦から型を作り、かなり高い精度で作図されます。
gensun04

これが、書き上げられた原寸図です。これは、妻屋根の壁取り合いの仕上がりの高さを見るための物です。この部分を葺いている職方が、あまりの正確さに驚いていました。なかなか、ここまで書けるものではありません。
gensun06


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。