スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場調査41

今日は、お取引先のご依頼で、現場調査に行って来ました。

下図のような増築工事をご計画中で、既存の屋根材を確認する事が、主な目的でした。
reform
妻側が伸びる増築です。

予め、既存がスレート葺きとお聞きしていまして、一つの事が気になり、事前に確認しておきたかったのですが、現場に到着し、予感は見事的中しました。
collarbest
屋根材は、松下電工時代のフルベスト24でした。

なぜ、気になったかと言うと、現在流通しているカラーベストと、働き寸法が異なるため、増築工事の場合は相応の備えをしておく必要があるためです。

これが、フルベスト24です。働き寸法は、縦227mm×横600mmです。
collarbest

現在、流通しているカラーベストシリーズのコロニアルを並べてみました。
collarbest
一方のコロニアルの働き寸法は、縦182mm×横910mmと、全く異なります。

よく、既存のフルベスト24に合わせて、葺き足を延ばしたらどうよ?という話になりますが、そうすると釘穴が露出してしまい、NGです。
collarbest

フルベスト24は、既に製造休止になっており、本体を入手することは、非常に困難であります。その場合、このように取り合いを作り、増築部分をカラーベストで葺いていくしかないと思われます。
collarbest

この手の屋根材を総称して、一般の方がコロニアルとおっしゃる事が殆どです。工事が始まって慌てる事がないように、何事も事前の確認が必要です。
スポンサーサイト

tag : 増築 コロニアル フルベスト24 確認

comment

Secret

No title

おはようございます。定番商品とのメーカーの認識がなさ過ぎのような気がしてなりませんが・・・しょうがないんでしょうね。海外はどうなんでしょうね?イタリアの家具などは60年前のデザインで未だに製作・販売されていますよ、そして何より名作として。

Re: No title

>ryo様

他社になく、独自性の強い商品には、避けて通れない問題だと思います。様々な研究などを元に、工法を含め色々と進化しています。これに、過去の商品との互換性が保たれていればいいのですが…。
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。