スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

施工前の心構え

今日、お取引先にお邪魔したところ、遠方の現場での補修が必要な現場があるという事で、担当の方に確認方法を伝えて来ました。画像で拝見したところ、は陶器の和で、シルバー色でした。そこで思い浮かんだのが、の規格でした。シルバーの和と言う事で、53A形と56形のどちらかになります。少量の桟瓦の交換程度でしたら、普及している53A形をカットすることで対応する事も可能ですが、数量が多かったり、袖瓦などの交換が伴う場合は、規格を揃える必要がありますので、事前に規格を確認しておく必要があります。遠方ですから、材料の不足が発生しないように、しっかりと準備をしておきたいものです。

さて、材料の引き取りなどで、仕入先であるメーカーさんや問屋さんなどに日常的にお邪魔する訳ですが、最近、瓦業界以外の方の姿を見かける回数が多くなりました。聞き耳を立てていると((笑))、それらの方々は高い確率で、太陽光発電関係の業者さんです。ほとんどのケースは、作業中に瓦を破損させてしまい、代替品をお求めに来られているようです。

瓦の種類を把握済みの方や、現物の瓦をお持ちになる方は、まだマシな方です。先日見かけたのが、製品名などがチンプンカンプンの方でした。

瓦の種類は、平板瓦の一種で“M型”、もしくは“ふた山”と呼ばれるタイプのようでした。瓦置き場で、『こんな感じだったかな?』という会話を繰り返しておられました。最後は、急いでいるので、似たような物なら、なんでもいいという話になる始末…。施工された屋根を見ると、どれも似たように見えてしまいますが、実際には、そんな簡単な話ではありません。

参考のため、ウチにあった瓦を並べてみました。
m_type
単品で見ると、デザインが根本的に違う事が分かります。また、(株)鶴弥さんのサンレイに至っては、他の三枚とはアンダーラップの方向が逆になっています。

また、この4種類の瓦を重ねてみました。
m_type
お互いに互換性が無い事が、一目で分かります。つまり、同じ種類の瓦でなければ、スペアとして使えないという事を意味しています。“似たような奴”では済まされません。

それでは、どうやって瓦の種類を確認するかと言う事になります。

その答えは、瓦の裏などにあります。
m_type
ceram bb40 ceramount sanrei
製造元や製品名が入っていますので、製品の特定は簡単です。

ところが、製品名が分かったとしても、在庫がなければ意味がありません。取り寄せになると、数日間の日数が必要になります。それでは、お客様との間で、大きなトラブルになる可能性もあります。

最低限、商談の段階で、どういった瓦が施工されているかを把握しておかなければなりません。また、施工の前には、万が一に備え、代替の瓦が在庫されており、すぐに入手出来るかを押さえておかねばなりません。在庫が無ければ、予め瓦を入手しておく必要があるでしょう。製造休止などの理由で、入手その物が困難な場合もあります。事前の準備をしっかり行い、設置作業にあたっていただきたいものです。逆に、それが出来なければ、施工する資格が無いと考えます。
スポンサーサイト

tag : 太陽光発電 M型 準備 確認

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。