スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手間がかかる屋根

今日は、お取引先のご依頼により、屋根の調査に出動しました。

ご依頼の内容は、棟の面戸しっくいの補修でした。

全体的ではありませんが、部分的に剥離が進んでいる箇所が見受けられました。
omune
元請け様のご指示により、部分的な補修で対応する事になりそうです。

ところで、こちらのお宅は、数年前に雨漏りの調査にお伺いした事があります。その時は、銅製の樋に穴が開いており、そこから雨漏りが起きていました。室内に雨漏りしている箇所も、穴開きの箇所から極めて近い位置にあるということから、下葺き材に傷みがある事が予想されましたので、既存の樋を撤去後、下葺き材を増し貼りし、新しくステンレス製の樋を入れる内容のご提案をさせていただいていました。その後、工事金額が高額になる為、工事は見合されました。

とは言え、雨漏りは放置できませんので、家主様が応急的に樋にテープ等を貼り、雨漏りを凌いでおられたようです。
tani tani tani
中には、ビニール袋を貼られたところもあり、袋は劣化の為ボロボロになっていました。数年内には、再び雨漏りが起きる気がします…。

なお、見積金額が高額になった理由は、これです。
omune omune
樋の交換工事に際しては、棟の解体を要しますが、棟が立派過ぎて、解体及び復旧に多額の費用が必要になってくるのです。加えて、雨仕舞を無視するかのような複雑な造りの部分もあり、高額な費用に拍車をかけています。は、数箇所あるのですが、その殆どはこのような棟が絡んでいます。

最後になりましたが、棟の仕上がりが微妙だった事は、この際触れない事にしておきます(笑)
スポンサーサイト

tag : 雨漏り 補修

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。