スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップライト再び

お取引先のご依頼により、補修工事の下見に行って参りました。

問題の箇所は、ココです。
sumimune
隅鬼が屋根の上でこけていました。隅先で都合よく安定していた為、落下しなかったのが、幸いでした。よく見ると、鬼瓦は一本の銅線でしか引っ張ってありません。しかも、本来なら屋根下地から引っ張るべきところですが、そのような施工をされたようには見受けられませんでした。

鬼瓦を適切に据え付ける為には、最低限画像の範囲程度の棟を解体する必要があります。
sumimune
また、既存の棟の状態によっては、棟一本まるごと積み直さなければならない事もあります。

問題箇所の状況を、家主様に説明をした後、他に気になる所は無いか尋ねてみたところ、今年の7月に降った豪雨の時に雨漏りした事があったということで、そちらも見て見る事にしました。

雨漏りしたところは、ココです。
toplight
大型のトップライトが設置されています。

こちらには、これを含め、4箇所にトップライトが設置されており、以前にも雨漏りで相談を受けた事があります。原因は、見当が付いていた為、問題探しを始めました。

すると、やはり見つかりました。
amamori
製のスカートに穴が開いていました。

対処の方法ですが、短期的には穴をコーキングで塞ぐ事が考えられます。更に長い期間で考えると、水切の交換やガラス瓦への交換を考える必要があると思います。コーキング処置は、これはあくまでも応急的なものです。なぜならば、コーキング自体に耐久性が無いからです。穴の上部にも、コーキング処置をした箇所がありますが、これは数年前の物で、既に劣化が進んでいる状態です。露出しているコーキングに、最終的な止水の役割は期待するべきではありません。夏の高温・冬の低温・太陽からの紫外線・日常の降水など、屋根の上は想像以上に過酷な環境なのです。応急処置にコーキングを使用する場合もありますが、根本的な対策を講じるまでの時間稼ぎと受け止めていただいたほうが良いと思われます。

以前、トップライトの雨漏り調査に出動した時に、製造元であるメーカーの技術部員の方とご一緒した事があります。その時に聞きましたが、の穴開きは、免責事項になり、保証の対象とはならないそうです。念の為、現在出荷されている水切のスカート部分には、は使用されていないようです。
スポンサーサイト

tag : 補修 鬼瓦 トップライト コーキング

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。