スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町の大工さん

日頃、現場でお世話になっている大工さんのご依頼で、昨日、屋根葺き替え見積りの為の現場調査に出動しました。

建物は、軽量鉄骨造の平屋建てで、屋根形状は、切妻の棟違いです。元々、雨漏りの問題を抱えておられ、今回、全面葺き替え工事をご検討されたようです。

屋根に上ると、こりゃ雨漏りするだろうなという状態でした。以前の記事コーキングの功罪などでも触れた事がありますが、コーキングでベタベタ状態です…。瓦に隙間が目立っていた為、このような処置をされたようです。
amamori

ここまでベッタリですと、瓦を一枚外して見るという事も、意外と骨が折れます。周辺の瓦までコーキングを切らないと、瓦を外すことが出来ません。過去には、余りにもガッチリとくっついていた為、一枚外すのに30分かかった事もありました…汗。くれぐれも、むやみやたらにコーキングを使用なさらないように…。

何とか瓦を外す事が出来ました。
amamori
雨漏りの痕跡がクッキリと残っています。

問題は、ココだけではありませんでした。

大棟にも問題アリです。
amamori amamori
矢印で示したように、場所によってはのし瓦が逆勾配になっているところもありました。また、台土が広すぎる関係で、水切れが悪く、棟内部に雨水が浸入していたようです。そのような事が重なり、棟は全体的にガタガタでした…。

昨日の内に、大工さんに見積書と瓦のサンプルを提出しました。今朝になり、家主様から工事の依頼をいただきました。現場は、大工さんの自宅から近く、まさに町の大工さんという存在で、家主様からの信頼も厚いようです。各地域で、このような町の大工さん的な存在があれば、いかがわしい業者の餌食になる方も減るのでしょうが…。
スポンサーサイト

tag : 雨漏り コーキング

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。