スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平板瓦の生命線

軒先の瓦座が腐っているので、瓦の状態を見て欲しいとの相談がありましたので、現地に行って来ました。

建物は、木造の平屋建て住宅で、谷等が一切無いシンプルな寄棟の屋根です。瓦は、セメント製の平板瓦です。
victory
当方に近い地域の同業の方ですと、『ああ、あれね』と反応される例の瓦です…。パッと見は、割れなどは見当たりませんでした。発売当時は、表面の塗装に対して30年保証が謳われた製品でしたが、10年ちょっとで、この状態です。今でも、30年保証が謳われている屋根材があるようですが、保証内容を含め、その中身については疑問を感じています。

問題の箇所は、鼻隠しの上に瓦座を取り付けた納まりで、その瓦座が腐っており、軒先の瓦がややお辞儀をしている状態でした。早速、周囲から瓦を外してみます。
victory
確かに、瓦座が腐食しています。

屋根に上る前から、ある程度予測していましたので、ある一点に注目して見てみました。アンダーラップにヒビが見つかりました。
victory victory
当初は、割れを想像していていたのですが、それに比べるとやや軽傷でした。

裏返しにして見て見ると、雨水が染みた痕跡がクッキリと残っています。
victory victory
ヒビから染みた雨水が、徐々に瓦座を腐食させていったようです。屋根全面で考えると、相当の枚数にヒビが発生している事が考えられます。

今回のようなヒビ以外にも、アンダーラップに堆積したホコリにより、雨水が溢れるという事例もあります。この瓦に限らず、同様の葺き方をする陶器の平板瓦についても、起きる可能性はゼロではありません。このアンダーラップは、雨仕舞を左右する重要なポイントであると言う事が出来ます。最近では、高性能の下葺き材に加え、流し桟や軒先水切りを施工する事により、万が一雨水が浸入した際にも、軒樋まで流すような対策が講じられています。瓦が割れていても雨漏りしにくい為、気がつかない場合があるかも知れません(笑)

念のため、他の面も点検してみました。真っ二つに割れている瓦が数枚見つかりました。
victory
こちらは、10年以上前に施工された屋根ですが、ゴムアスルーフィングのお陰で、室内には一切雨漏りしてなかったようです。

さて、この瓦についてですが、一時期活発に出荷されていた時もありましたが、現在ではそのメーカーさんも無くなり、供給の道が閉ざされています。最近になり、同様のトラブルが多く発生しているようで、その対応に頭を悩ませておられる家主様や工事店さんも少なくないのではないでしょうか…。
スポンサーサイト

tag : 雨漏り 平板瓦 アンダーラップ ゴムアスルーフィング 30年保証

comment

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。