スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨水の行方

今日は、午後から激しい雨となり、工事途中の現場は作業中止となってしまいました…。

さて、そんな中、お取引先より雨漏りの相談を受けていまして、雨が上がったのを見計らって調査に出動しました。雨漏り調査も、鮮度が命です!

問題の箇所は、ここです。
research
縁側が、鋼板の一文字葺きです。勾配が取れなかった為、このような屋根になったものと思われます。ですが、見たところ、一文字葺きでも厳しい勾配に見えましたが…。

谷付近から雨水が落ちているようで、付近の瓦をめくってみました。
amamori amamori
内部は、ビッショリでした…。念のため、他の部分も見てみましたが、今日の大雨による漏水箇所は見当たりませんでした。この部分は、谷樋は無く、一文字葺きを張り伸ばして納めてありました。谷に溜まっているゴミも気になるところです…。

これは、引いて撮った画像です。
amamori
谷の左手には、アルミ製の屋根付きテラスが設置されています。この屋根からの雨水が、鎖を伝って谷部に排水するようになっています。大雨時には、この排水された雨水が瓦の内部に入り込んだようです。

これと似たような事で、二階の雨樋からの雨水が、瓦の上に垂れ流しになっており、その付近で雨漏りが発生する場合があります。二階からの雨水は、確実に下屋の樋に流す事が重要ですね!
スポンサーサイト

tag : 雨漏り 雨樋

comment

Secret

No title

毎度の事とは言え、瓦めくるのが恐くないですか?
わたしなら、「何にもありませんように」と祈りながら、めくってそうです。

Re: No title

>ジュリアルーシュ様

外見から既にひどい屋根だと、確かに怖いですね…(笑)
それ以外は、瓦をめくった時、雨漏り跡がクッキリと残っている事を祈っていますよ。
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。