スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和瓦に一票!

連休、皆様いかがお過ごしになりましたか?

拙者は、土曜日に休みをもらって、出かけていました。留守中も、多くのアクセスを頂いてまして、大変ありがたく思います。

ところで、先週に着工した葺き替え工事ですが、昨日工事が終わりました。
fukikae
今日の午前中、激しい雨が降った時間帯がありましたので、早めに工事が完了していて、何よりでした。

屋根形状は切妻の一本棟ですが、片側にすがる部分があります。
fusezu
今回、このすがる部分に少々問題がありました。屋根が直角に出来ておらず、軒の出が揃っていませんでした。葺き替え工事では、よく遭遇する事で大騒ぎする事ではありません。

軒先の基準線を出す時際に、軒樋がかかる範囲で、瓦の出と登り寸法の調整を行いました。
sugaru
新築の場合は、瓦の寸法で、屋根の寸法が決まるのですが、葺き替え工事の多くの場合、屋根の寸法に瓦を合わせなければなりません。新築工事に比べ、難しい部分です。

こちらで使用したタイプの平板瓦ですと、すがる部分の袖瓦は、このように納まります。
sugaru
袖瓦の下は、防水テープなどを用いて、雨水の浸入を防ぐ処置を行います。その後、袖瓦をビスで固定し、桟瓦との隙間をコーキングで処置します。この部分の処置が甘いと、室内にこそ雨漏りしませんが、軒天にシミが出来てしまいます。こういったところが、『なんだかな~』と思う部分であります。

和瓦ですと、この部分はスッキリと納まるのですが…。
sugaru
スポンサーサイト

tag : 葺き替え 平板瓦 和瓦 すがる

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。