スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

築100年

今日は、お取引先のご依頼で、屋根の調査に行ってきました。

家主様のお話によると、築100年という古い建物でした。建物の造りは、かなり本格的なものでした。
research research
今、同じように建てたら幾ら位かかるのでしょう…汗

早速、屋根に登り調査です。築100年ですから、瓦は、もちろん土葺きです。平部の瓦を外し、葺き土を取り除いてみました。
research research
下地を確かめるためです。今回は、下地でした。土葺きの場合、野地板か下地の上に杉皮を敷いた後、土葺きで平部の瓦を葺いていきます。今回は、葺き替えというお話ですが、瓦・土・杉皮を撤去した後、大工さんにより野地の改修と言う話になるのですが、既存の下地の状態により、瓦の撤去やその後の工事が大きく左右されるため、見積りの時点で下地調査は欠かせません。

屋根の実測の際は、スケールを持って歩き回ります。ところが、屋根勾配が6寸と少々きつめな上に、一般的な二階建ての住宅と比べ、軒高が相当に高い為、軒先に行く時は勇気が要りました(笑) おまけに、ズレが生じている土葺きの瓦の上ですから、なお一層…(笑)
スポンサーサイト

tag : 葺き替え 土葺き 下地 杉皮 調査

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。