スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物事の順序 2

今日は、お取引先のご依頼により、葺き替え工事見積りのための現場調査に出動しました。事前に伺ったお話では、既存の瓦がセメント瓦で、塗り替えとの比較検討との事でした。その為、運転中に様々な事が頭を過るわけでした(笑)

現場に到着後、家の方にごあいさつ後、屋根に登りました。建物は、一部二階の切妻屋根です。
二階
research
下屋
research research
特に、複雑な屋根形状と言う訳でもなく、工事をやりやすい屋根です。

いつものように、平面図を起こし、軒や妻の出・屋根勾配などを測定し、実測は完了です。参考までに、屋根勾配は、3.5寸勾配でした。

その後、屋根下地の調査に移ります。瓦を外し、野地板を調べましたが、問題の無い強度で、特に補強等は必要ないようでした。ところが、数箇所瓦を外してみましたが、いずれの箇所からも漏水の痕跡が見受けられました。
amamori amamori amamori
昨夜、にわか雨が降った訳ですが、そんなに激しい雨ではありませんでした。家主様に伺いましたが、雨漏りはしてないとの事でした。もしかすると、お気づきになられていないだけかも知れません。

更に、家主様から衝撃的なお言葉でした。それは、屋根の上に太陽光発電システムを設置されるご意向でした…。塗装すれば大丈夫だろう程度のお考えだったのには、ショックを受けてしまいました(汗) 瓦を葺き替えた場合、予算的に太陽光発電設置が厳しくなる事を心配しておられました。(それは、ちょっと違うんですが…) 過去にも、セメント瓦太陽光発電を設置された後に、必要に迫られ、パネルを一旦撤去しての葺き替え工事をせざるを得なくなった事例を紹介しました。まずは、屋根を万全な状態にして、設置を考えられるべきです。最終的には、家主様の判断となってしまう訳ですが…。

このままの状態で、設置を積極的に進める事が出来る人は、よほどのチャレンジャーか悪意がある人のどちらかでしょうね(笑)
スポンサーサイト

tag : 葺き替え 雨漏り 太陽光発電 セメント瓦

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。