スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかがわしい工事 その後

以前、雨漏り調査に伺った現場のその後です。

今日、葺き替え工事に伴う瓦の撤去作業を行いました。
fukikae
工事は部分的な葺き替えで、いかがわしい工事で触れた部分は、今回の工事に含まれません。切妻の大棟をはさんで反対側の面の一部を葺き替えるというものです。

瓦を撤去していきますと、色々見えて来ます。

小刻みに増築等を繰り返された結果、場所で瓦の寸法が異なり、取り合いは無理な納めになっていました。その結果、雨漏りの痕がクッキリと残っていました。
fukikae
雨仕舞を考慮し、内部に捨水切りが取り付けられていましたが、結果的に役には立っていなかったようです。

全体的に、NGなコーキングがしてあった為、平部はほぼ全滅です。
fukikae

棟と平部の瓦を撤去すると、下葺き材と桟木の撤去です。
fukikae
野地板の状態が良好ではなかった為、補強を行いました。

この他、軒先の瓦座が腐食していたため、交換も行いました。
fukikae

下葺き材を張り、第一関門突破です!
fukikae

棟を下葺き材で覆う為、反対面の桟瓦を一旦撤去です。
fukikae
コーキングがしっかりと効いているため、数枚くっついた状態でした(笑) 強い台風の時は、畳一枚くらいの面積の瓦が、くっついたまま飛ばされているのを見た事があります。やはり、基本は釘留めですね!

棟際を外した時に、“おや?”と思ったので、反対面のいかがわしい工事部分を見てみました。家主様の話によると、下葺き材を新しく貼った後、平部を葺き直したとの話でしたが、棟際は古い下葺き材のままであった為です。

軒先に近い位置を外してみました。
research
確かに、下葺き材は新しくなっていました。棟を扱う能力がない為、平部の撤去しやすい部分だけ、葺き直しを行ったと捉えるべきでしょう。ですが、雨漏りと言う問題を抱えた緩勾配の屋根に対しては、備えが足りないような気がします。しかも、葺き直した後に全面コーキングですから、来年以降が家主様にとって恐ろしい事になりそうです…。
家主様に伺った話ですが、施工の範囲は小規模だったのにも関わらず、支払われた金額は30万円とのことでした。今回の葺き替え工事代金と合わせれば、全面葺き替え工事の大部分を賄えた事になります。このご時世、費用を安く抑える事も重要ですが、決して無駄な出費とならないようにご注意下さい。
スポンサーサイト

tag : 雨漏り 葺き替え コーキング

comment

Secret

No title

安もの買いの銭失いにならないようにしなければなりませんね。
目先の安さにつられて、かえって高い買い物をしないよう、先の事も頭に入れて、決めないといけませんね。

Re: No title

>ジュリアルーシュ様

このご時世、価格優先で、肝心な部分が抜け落ちている事が多々あります。
今回は当てはまりませんが、相見積りにしても、中身を吟味出来なければ、結局のところ意味をなしません。端に、金額が高いか安いかだけの比較に終わってしまいます。特に、リフォームなどといった工事は、業者さん毎の見立てや見積りの範囲で、金額が大きく違ってくるものです。一部の悪質な業者さんを除けば、予め色々な事を想定したきっちりとした見積りは、高くなってしまう傾向があるようです。
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。