スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手強い雨漏り 2

昨日の続きです。今朝から、補修工事を始めました。手始めに、外壁屋さんにより、サイディング及び雨押え板金の撤去です。その後、ウチにバトンタッチです。

壁際の瓦を撤去します。
research research

登り壁の捨水切りを撤去した状態です。
research
二階の柱付近では、下葺き材の立ち上げがありません。見たところ、故意に破ったような状態でした。なぜ、このようなことがされたのかは、まったく不明です。浸入した雨水が、この部分から柱の方に流れ込み、結果室内に雨漏りが起きた模様です。

画像はありませんが、新たに下葺き材の立ち上げを設け、捨水切りを取り付けた後、平部の復旧まで終わりました。明日、壁際の納めを行い、ウチの分担は終了です。

今回の補修に伴い、色んなことが見えました。

大棟の納まりに問題がありました。
research
矢印で示した箇所が、桟瓦を留め付ける釘及び釘穴です。よく見ると、大棟の面戸より外側にあります。今回の雨漏りには関係がありませんでした。しかし、よくこれで雨漏りしないな・・・。

この他、今回の補修箇所の壁面から、エアコンのホースが出ています。ここも、よく見ると・・・。
research
水が流れたような跡がありました。この水も、室内に侵入していたかも知れません。

作業の合間に付近を見渡しました。すると、すごい屋根を見つけました。
snap
大変カラフルな屋根ですね・・・。

ところで、今日は一件住宅の棟上がありました。途中、雨に遭いましたが、屋根仕舞が無事終わり、下葺き材を貼り終える事が出来ました。
tatekata tatekata
平屋の大きな家です。明日から、屋根工事に入ります。
スポンサーサイト

tag : 雨漏り 補修

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。