スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場調査28 その後

今年のGW明けの記事現場調査28の続編です。

最終的に、費用が出せないという事で、部分的な補修となりました。お客様からは、部分の補修のみを依頼されました。

まず、既設部分の解体を行い、雨漏りの為腐蝕していた下地の貼り替えです。
hosyu hosyu

その後、ルーフィングを捨て貼りし、樋の取り付けを行います。

amamori amamori
元は、際の瓦同士がくっつきかかっていましたので、改めて切り直して、復旧しています。

hosyu
上部には、防水屋根があり、銅が施工してありましたので、交換した樋も銅製の物を使わざるを得ませんでした。異種の金属を組み合わせて使った場合、電位差が生じ、腐食が起ると言われています。(専門家ではありませんので、これ以上の解説は出来ません…。)

問題の箇所は、これ以外にも多くあったのですが、予算上の理由で処置が出来ませんでした。今後も、メンテナンスは継続して行う必要があります。
スポンサーサイト

tag : 雨漏り 補修

comment

Secret

No title

ん~、予算の壁は厚いですね。

おはようございます

予算の壁は大きいですね。

まとめてレス

>ジュリアルーシュ様
>カモメ先輩様

常に、予算の壁にぶつかります(笑)
補修工事では、明細を細かく書き、施主様側で取捨選択していただくケースが多いですね。
ですが、工事を進めていきますと、『やっぱり、お願いします』という流れになる事も少なくありません。そもそも、不必要な工事は見積りませんので、工事の過程でその必要性を理解していただいたのだと思っています。

たまにある事ですが、工事の見積りを出させていただいたのですが、予算が無いとのこと…。しかし、車庫には高級車が…。理解に苦しむ事もしばしば…。そんなに高額な金額では無かったのですが(笑)
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。