スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工事足踏み

一昨日に瓦揚げを行った現場です。

朝、仕上げの材料を搬入に行った時は、殆どの部分が葺き上がっていました。
flat flat
桟瓦およそ2,500枚を葺いています。最近の工事の中では、大きい部類に入る屋根です。

このように、ユーユ換気も取り付けています。
kanki
屋根全体で、7個使っています。棟が無い下屋が、割とまとまった面積でありますので、このような方式の小屋裏換気は重宝します。

さて、こちらの現場で障害にぶつかりました。桟瓦に不足が生じてしまい、工事がストップしました・・・。梱包を解いた時点で、かなりの割れがありました。この他、出荷された瓦の中に、このような物が含まれていました。
claim claim claim
現場で、職方が除けてくれていました。壁際や袖際などでカットして使えるところに、極力まわしてくれましたが、それでも多数の使えない瓦が出てきました。発注数量自体がほぼピッタリだった為、その数をカバー出来るほどの瓦が、現場には残されていませんでした。このため、替わりの材料が届くまで工事は中断です。本来なら、今日で完了する予定だったのですが・・・。

品質管理は、しっかりとやっていただきたいものです。
スポンサーサイト

tag : ユーユ換気

comment

Secret

No title

またまたこんにちは。
瓦と『ユーユ換気』良いですね 知りませんでした!
住宅瑕疵担保責任保険設計基準の件で窓口の方と話したのですが・・・『この頃の建築家は瓦は使わないわ勾配はほとんど無いし保険該当の基準に合ってない』なんて話をされていました。

Re: No title

>ryo様

引っ掛け桟方式の屋根材であれば、種類や場所を選ばないので、とても重宝しています。色々在庫を置かなくて済む事も助かっています。
それにしても、保険該当の基準って、物すごく気になります。我々が施工する際の、納まりのポイントしか把握出来ていません。時間があるときに、教えてください。
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。