スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場調査19

先週末からの雪で、山が白くなっていました。
snow07
先週は、この山が見えなくなるほど雪が降っていました。

この寒さの中、先週末雨漏り補修工事 4の工事が完了しましたので、点検に出向きました。
hosyu19
手を入れなければならない個所は多くあるのですが、今回急場をしのぐ的な工事でしたので、短い期間で完了することが出来ました。着工前はもう少し簡単な工事を想像なさってたようで、完了した屋根を前に、大変喜んでいただけたそうです。何よりでした。明日、軒足場の解体を予定しています。

さて、先週後半にお見積りのご依頼があったお宅に、現場調査にお邪魔しました。今回は、屋根の全面葺き替えです。

建物は、木造の切妻二階建てで、屋根が3箇所あります。既存はセメント瓦葺きで、比較的シンプルな屋根形状でした。

下屋には、太陽熱温水器が設置してあり、工事の際には一旦撤去する必要があります。
research01

また、壁取り合いの雨切板金は、このような納まりですので、施工の際には少々苦戦するかも知れません。
research02

一方、屋根勾配は4.5寸勾配でしたので、あらゆる瓦が使えます。野地板も、元々杉の12mmの厚みの物を使ってあったので、大がかりな屋根下地の改修は必要なさそうです。

ところが、一点だけ瓦を見ていて嫌な予感がしたので、家主様に連絡をしてみると、現在雨漏りがしているそうです。

既存の瓦は、このような状態でした。
research03 research04 research05
塗装やシリコンで、水の逃げ道がふさがれている状態でした。くれぐれも、屋根の塗装にはご注意下さい。また、ホームセンターなどで簡単に購入出来ることもあり、一般の方がシリコン瓦止めなどをされるようですが、使い方を誤ると雨漏りなどを発生させてしまいます。たまには、業者さんがそのような工事をされるケースもあるようですが…。さすがに、ホームセンターさんも使い方までは詳しく教えてくれないでしょうからね。

これは、実際に経験した事例ですが、100坪を超えるような大きな屋根のお宅でしたが、家主様がご自分で瓦止めとしてシリコンによる接着をされたわけですが、それが原因でひどい雨漏りになってしまいました。その接着状態も、半端でない量を使われていたため、我々でも一枚の交換にかなり苦戦するほどでした。そこで、手に負えない事を報告すると、最終的には全面葺き替えを決断なさいました。材料費数万円のシリコンでしたが、結果的に数百万円の葺き替え工事になってしまいました。正しい知識があれば大変便利な材料ですが、使い方を間違えると悲惨な結果を招いてしまいます。しつこいようですが、くれぐれもご注意ください。
スポンサーサイト

tag : 葺き替え 雨漏り シリコン 屋根塗装 瓦止め

comment

Secret

No title

はじめまして。

屋根の写真やコメントが沢山あって、とても
参考になる情報です。
私は住宅のメンテ部隊で、屋根によく登ったことがあり
当時の記憶がよみがえりました。

私のブログでは雨漏りクレームなどの記事も掲載しておりますので、今度ご紹介させていただきたいと思います。

Re: No title

こちらこそ、はじめまして。

お役に立てれば、大変うれしく思います。
屋根上でのお仕事の経験がおありのようですので、時々はうなづいていただけるような記事があるかもしれませんね。
今後とも、よろしくお願いいたします。
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。