スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場調査18

先週一件住宅の葺き替え工事に着手しました。(過去記事木造平屋住宅2の後半部分)

途中、天気が不安定で、工事が進まない状況でしたが、ようやく地葺きがスタートしました。
an3_04
瓦は、(株)山平さんのAN-3で、色調は新銀を使用しています。屋根勾配が4寸以下であったため、この瓦を選定しました。

このように、高い水切りになっているため、緩勾配に対応出来るようです。
an3_05

釘は、ステンレス製の長さ65mmの物を使い、全数釘留めで施工します。
kugi01 kugi02

さて、先週の土曜日の事ですが、一件神社の現場調査に出動しました。本来ならば、当日の内に記事にするところですが、夜に忘年会が入っていまして、更新することが出来ませんでした。

調査に行ったのは、このような屋根です。瓦は、働き幅がおよそ9寸3分と、今出回っている瓦と比べ、やや大きめの物でした。
jinja05 jinja04
菊紋が入っていますが、皇室の物とは異なります。一口に、菊紋と言いましても、色々な種類があります。詳しくは、菊紋で検索されてみて下さい。

裏側には、谷がありまして、谷瓦が葺かれていました。
jinja03

今回の内容ですが、拝殿で雨漏りがするということでした。屋根を見ますと、このように瓦がズレています。
jinja01
土葺きの古い屋根ではよくあることですが、瓦がズレにズレて、下の土が露出しています。ここから、雨水が浸入しているのは、明白なようです。ご依頼内容も、とにかくこの部分の雨漏りを止めるという事でした。屋根全体において老朽化が進んでいるため、全体的に補修を行っても、キリが無いという御認識でした。

念のため、棟の反対側も見てみましたが、こちらもズレは生じていました。
jinja02
ところが、谷があることもあり、ズレの程度が表側に比べると、軽度のようです。

一般の建物と違い、個人の所有物でないため、関係者の方々の総意がないと出来ない工事です。とりあえず現状の雨漏りを食い止め、次の対策を検討される必要があります。
スポンサーサイト

tag : 山平 AN-3 雨漏り 菊紋

comment

Secret

No title

himomaruさん。こんばんわ。訪問先のビルの窓から大きなお寺なんか見えたとき、瓦屋根ってすごいなーって思う時があります。迫力さえ感じます。またびっくりしたのは換えた瓦って床下とかに置いてあることあるんですね^^;;。大きいものも見ました。近くで見て鬼瓦もびっくりしました。気をつけて作業してくださいね。またお邪魔します。

Re: No title

コメントありがとうございます!
瓦葺きの大きな屋根って、美しい物ですね。特に、お寺などはラインが独特ですし。
こういった工事に携わる葺師の方々は、この美しいラインを出す為に、技能を発揮されます。
これからも、たまには屋根に目を向けてくださいね!
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。