スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大安吉日

今日は、車での走行中、体操服姿の子供さん達を多く見かけました。いろんなところで、運動会やスポーツイベントが催されていたようです。

さて、今日は大安吉日という事で、当社のお客様の中でも、数社棟上げをされた現場がありました。
tatekata06 tatekata07
昨日までと異なり、気温が高めでしたので、現場の大工さん方はペースダウンされたようです。

建て方及び屋根仕舞が終わると、我々屋根工事業者の出番となります。通常、屋根仕舞が終わると、間隔を置かず下葺き材の施工となります。なので、上棟日は下葺き材等の副資材の搬入を兼ねて、現場状況を見に行くのが常です。建て方の前には、下葺き材施工のタイミングについては、予め打ち合わせをするのですが、実際の施工段階になると、ズレが生じますので、その辺の見極めをするためにも、見に行くことは重要です。拙者が見に行った現場は、12日(月)の乗り込みになる見通しです。

材料を降ろし終え、次の現場に移動します。

次の現場は、12日(月)に上棟を控えた現場です。

現場には、すでに材木が搬入済みの状態でした。
tatekata08

大工さんがおられ、土台敷きの作業中でした。
tatekata09

水糸を張り、
tatekata10

通りを調整しながら、
tatekata12

締め付けを行います。
tatekata11 tatekata14 tatekata13

土台は、文字通り建物の土台となりますので、通りがきちんと通ってないと、その後の工事全てに支障をきたします。直線だけでなくレベルもきちんと揃ってなければなりません。拙者は、1ミリ以下の微調整を、ただ見つめているだけでした。直線を描くのは簡単ですが、このように作業で直線を出すのは、業種に関係なく手間のかかる作業です。
スポンサーサイト

tag : 上棟 土台敷き

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。