スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場調査14

いつも、ご覧いただきありがとうございます。昨日は、当ブログ開設以来初めて、アクセスが300を超えており、かなり驚いております。今後とも、ごひいきにお願いいたします。

さて、今日は、日頃お世話になっている建築会社様からのご依頼で、現場調査に出動しました。

建物は、二階建てのアパートで、屋根形状は切妻です。屋根材は、現在では製造が休止されている松下電工のフルベスト24という商品でした。
amamori81
見上げると、微妙に屋根勾配がきついです・・・。多分、6寸勾配程度かと・・・。

当初、棟包の板金が飛んで無くなっているという話だったそうで、板金屋さんが既に出動されていました。ところが、板金屋さんが、屋根上で破損した本体を見つけられたので、当社に出動要請が来たという訳です。

早速、屋根に登ります。総二階に加えて、屋根勾配がきつめなので、恐る恐る上がります・・・。

屋根材は、かつて松下電工で製造されていたフルベスト24という商品でした。拙者も、以前は結構使わせていただいた記憶があります。
amamori83
縦に割れている物が数枚ありました。中には、軒先にも、破損があります。足場が無いと、交換は困難ですね・・・。

一方で、板金屋さんが手早く新しい棟包で応急処置です。なぜ応急かと言いますと、よくあるパターンですが、棟包を取り付けるための笠木が腐蝕していますので、後日笠木ごと交換する必要があるためです。この手の屋根材の弱点で、台風のときは大抵棟やケラバの板金が被害にあうケースが多いようです。過去の台風でも、一時的ではありますが、棟包が品薄状態になったこともありました。

板金屋さんが棟包を仮置きしたときに、気になるところが見つかりました。
amamori82
本来なら、棟際にもう一枚本体を施工しておかなければなりません。画像中の合わせマークに対して、上段の本体を突き合わせて葺くべきところですが、それがなされていませんでした・・・。これは、欠陥工事と言わざるを得ません。

この建物、雨漏りがしてるそうです。確かに、そりゃ漏るだろうという状態でした。

そういえば、こういう勾配の屋根って、登るときより降りるときが恐怖なんですよね・・・。板金屋さんと二人で、這いつくばるように降りました・・・汗。過去に、たまたま差し込んであるだけの本体の上に乗り、それがズレ落ちてしまい、そのはずみで転落しそうになったことがあります。

皆さん、屋根勾配はほどほどにお願いいたします・・・。
スポンサーサイト

tag : 補修 雨漏り 棟包 台風 フルベスト24

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。