スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンチ瓦

昨日スタートしました葺き替え工事ですが、材料を搬入した際に、チョコッと撮って参りました。桟木打ちが終わり、割付を行おうとしている状態です。なお、今回大棟は七寸丸仕上げとなっておりまして、その為の棟金具を取り付けてます。
fukikae45

さて、今日は一軒補修工事にお邪魔しました。

工事内容は、台風対策としてケラバ瓦の補強をご希望で、お打ち合わせの結果、通常平板瓦のケラバ施工同様に、ビス固定をすることになりました。

もともと、銅釘を使ってありました。
french01
それを、一旦抜きまして、ステンレス製のパッキン付きビスで留めつけます。

こちらのケラバを留め付けている破風板ですが、特徴的な納まりになっています。
french03
通常、破風板は地面に対して垂直になるように取り付けるのですが、斜めになっています。そのため、ビスでバッチリ固定したとしても、平部の瓦との間に隙間が生じます。これは、施主様に対して説明済みで、既に了解を頂いています。

ところで、こちらのお宅で使用されている瓦の名前は、フレンチ瓦と言いまして既に生産はされていません。

ご覧の通り、瓦の行儀に難があります。
french08 french02 french05
french06 french07
平部からの雨漏りが発生しやすい瓦です。梅雨など大雨が降った後に、よく雨漏りの相談を受けます。しかも、瓦自体とてももろいので、乗っただけで割ってしまうことも、少なくありません。そして、先に書きましたように、生産されていない瓦ですので、新しい品物を入手することは不可能です。代替品もありませんので、ウチでは、同種の瓦が葺かれているお宅の葺き替え工事の際に、補修用として取っておいた物を、交換等の際に使っています。つまり、古物ということです。こういった古物も、いつまでも入手出来るわけではありません。

よく、補修での対応をご希望になるケースが多いのですが、長期にわたって施主様に安心していただけるような工事は、正直言って無理だと思います。この瓦で、大きな費用が掛かるような補修工事は控えるべきだと思います。
スポンサーサイト

tag : 葺き替え フレンチ瓦

comment

Secret

おはようございます。

himomaruさんどうもです。
今日はあーちゃん地方はv-279で久しぶりの休みです。

ところで、フレンチ瓦なるもの初めてみました。
平板縦長って感じかなぁ?

熨斗のあて紙ですが、himomaruさんも同じ瓦使ってるのかな?
ちょっと前に、ここの熨斗も型が変わったみたいでちょっと残念です。


Re: おはようございます。

>あーちゃん様
お疲れ様です。
日曜に仕事したので、代休になったようですね。

このフレンチ瓦は、昭和の時代に広く使われた瓦で、すでに生産は止められています。画像でも察しはつくと思いますが、雨仕舞に難がある瓦です。今でも、この瓦が残っているお宅は、意外と多いんですよ。世代的に、高齢になられた家主様が多く、経済的などの理由で、葺き替えが困難なケースが多くあります。

いぶし瓦の件ですが、こちらの傾向として、いぶしの出番が少ないのですが、あちらの産地を使うときは、チョイスしてますよ。以前に比べると、製造しているメーカーさんが減りましたね・・・。

フレンチ瓦って?

古い家を買い、屋根をやりかえることになったので、見積もりをとったところ、フレンチ瓦の名前。もう一軒とったスレートよりちょっとだけ安いのですが、丈夫さが気になる。
ということで、検索していたところ、このブログに行き着きました。
「えっ、もう生産してないの?」どういうことでしょう?
古いのを置いてあって使うのかな?それとも、別の瓦の名称?う~ん、できれば安くでも丈夫でメンテナンスがあまりいらないものを・・・でも古くて簡単な作りの家だし、あと50年もてば。そんなにはもたなくてもいいから安くていいのかな?

ブログ拝見しました。屋根には興味なかったのだけれど、こうやって見ていると面白いですね。

Re: フレンチ瓦って?

>一般人様

コメントありがとうございます。
拙者がブログ内で触れさせていただいている“フレンチ瓦”ですと、かなり以前に製造休止になっていまして、入手が困難です。一部の工事店さんに、補修用として中古品が置いてある程度だと思いますので、この瓦を使っての葺き替えは考えにくいと思います。中には、現在普及している陶器平板瓦の事を“フレンチ瓦”と称されている可能性も考えられますので、サンプルやカタログなどで確認される事をおすすめします。

また、スレートの件ですが、使用する屋根材や付帯工事によっても工事代金が大幅に変わりますので、価格的な事は一概に申し上げられません。ただ、日常的に使っているスレート屋根材は、陶器瓦に比べ低い価格帯の商品です。

耐久性の件ですが、陶器瓦に一票を投じたいと思います。再塗装が不要です。スレート屋根材は塗装品ですので、いずれ塗装工事が必要になってきます。

見積りの内容が、よく分かりませんので、細かいお話が出来ません事をご容赦ください。ご検討の際には、サンプルやカタログなどで品物を確認された方が良いかと思われます。特に、スレートの場合、業者さんオリジナルの商品を提案される事もあり、後々の供給が不安視される物もあります。あと、リフォーム工事の場合、追加費用が発生したりする場合も少なくないので、見積りに含まれる工事の範囲なども要チェックですよ!

とにかく、疑問がある場合は業者さんに説明を求め、ご自身が納得されるまでは、ご契約はダメですよ!
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。