スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨漏り補修工事

以前、現場調査に伺った現場の補修工事を、昨日から開始しました。

全面葺き替えという話にもなりかけたのですが、建物が余りにも古いため、現時点で雨漏りしている箇所のみの補修という方針になりました。

瓦自体、相当古いもので、割れをはじめ、このような表面が剥離したものが至る所にあるような屋根です。
amamori58

工事の内容としては、主に袖瓦部分の改修と、隅棟2本の葺き替え工事です。
amamori61
これは工事前の画像で、隅棟が崩壊しており、シートをかけておられています。同様に、反対側の隅棟も相当に傷んでいました。これらの2本を新しい瓦で葺き替えます。
また同じ画像で、シートがかけられている部分の上部になりますが、雨漏りにより屋根下地が腐っているため、瓦がくぼんでいるように見えます。この部分は、大工さんにより下地を補修した後、瓦を復旧します。

隅棟は、もとの棟を解体後、このように養生しています。
amamori60
瓦座が腐っていたため、交換しました。また、隅先の軒瓦も交換しました。棟積みは、週明けの月曜日に行う予定です。

一方、下地が腐っていた箇所ですが、大工さんにより下地を直していただいた後、瓦の復旧です。
amamori59

ここで、ちょっとした問題がありまして、もともと丸瓦を流していた箇所ですが、袖瓦と隣の列の桟瓦の間に30ミリを超える隙間がありましたので、元の丸瓦を使っても、雨漏りのリスクがあるため、瓦を交換しました。
amamori57
うまい具合に、必要数量分の瓦が倉庫に眠っていたのが、幸運でした(笑)

補修工事全体は、週明け月曜日に完了予定です。本当は、あちこち手を入れるべき箇所があるのですが、出口の見えない工事になってしまいます。こういった老朽化の進んだ屋根で、大がかりな工事が出来ない場合は、問題が発生した箇所を、その都度対処していく方法しかないと思われます。

今日の作業を終え、片づけをしている時に、近くでセミの声が聞こえ出しました。
snap55
ツクツクボウシです。逃げないように、望遠で狙ってみました。思えば、小学生の頃、お盆のお墓参りに行った時に、ツクツクボウシの声を聞き、残りわずかになった夏休みを実感していたのですが、気候変動のためでしょうか、時期がズレてしまいましたね。当時、ツクツクボウシやヒグラシの声を聞き、切ない気持になっていたのを思い出しました。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。