スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大規模社寺物件 その17

今日は、時折雨が降る空模様でした。その中、住宅の新築工事現場で、屋根仕舞が完了したとの知らせを受けまして、下葺き材の施工に出動しました。途中、盆休みをはさむため、風でめくれないように、野地板で押さえるといった処置をしてきました。これで、安心してお盆を迎えることができます。

さて、大きな社寺建築工事現場の方ですが、二回目の新年を迎えました。

降棟は、割熨斗を積み終え、衾瓦が施工されました。
kudarimune12 kudarimune13

隅棟の施工にも取り掛かりました。

まず、隅巴の取り付けです。
sumitomoe05

隅巴の次は、隅鬼瓦です。合端を終え、地組みが行われます。
sumi_oni03 sumi_oni04
隅鬼とはいえ、物凄いサイズです。

組み上がった隅鬼が、据え付けるために荷揚げされている様子です。
sumi_oni05

また、こちらの隅棟には、二の鬼が座る仕様になっています。二の鬼も合端作業が行われています。
nino_oni01 nino_oni02
二の鬼については、過去ログ大棟鳥居大棟割熨斗辺りを見ていただくと、どういった部位の鬼か、お分かりいただけるかと思います。

これまで、大屋根の模様が中心でした。下層の屋根も、本格的に工事が動き出しました。

縦桟木施工の様子です。
sangi18

その後、瓦座刳り並びに取り付けを終え、敷平瓦の施工です。
zaguri07 shikihira01

そして、下旬の様子ですが、大棟鬼瓦の足を組む際に下地として使われる鉄骨が、運ばれている様子です。
omune_oni34
画像で見た感じ、鬼一組分の物と思われます。
鬼瓦や、こういった鉄骨の設計と製作、それに施工それぞれに高度な技量が求められる、かなりハイレベルな仕事ですね。

続きは、後日とさせていただきます。
スポンサーサイト

tag : 二の鬼 敷平 隅鬼 降棟

comment

Secret

No title

訪問ありがとうございます^-^
本屋さんの店長で、お宮のかわら職人をつぐために田舎に帰ってしまった知人をおもいだします。
高いところの作業なんて、私には目がまわりますが、地震や風には気をつけてくださいね^^/

Re: No title

こちらこそ、ご来訪ありがとうございました。
拙者のブログから、同業の方のブログへ飛べるようにリンクを貼っていますので、お時間ございましたらそちらもご覧下さいませ。お知り合いの方が、瓦を葺いているお姿が想像出来るかもです。
今後とも宜しくお願いいたします。
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。