スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大規模社寺物件 その14

瓦工事着工から、丸一年が経過しようとしています。

棟の施工に備え、熨斗瓦の加工が始まりました。

これは、熨斗瓦を所定の寸法で切っている様子です。
noshi06

また、捨熨斗の加工も着々と進んでいます。
noshi07
前々月に、作業所内に熨斗瓦が運び込まれ、選別作業がスタートしていました。捨熨斗の加工が始まると、棟の施工が近づいてきたなと実感できます。

これも、同じ時期にスタートした大鬼の合端作業です。

阿形大鬼は、足の原寸取りを行い、裏張りの合端作業へと進みます。
omune_oni27 omune_oni29 omune_oni30

同月下旬、阿形大鬼の足裏張りの合端作業は終了しました。
omune_oni28

一方、対になる吽形大鬼の合端作業も開始されました。
omune_oni26
これは、二層目を仮並べしている様子です。

この他、降鬼瓦の地組みも開始です。
kudari_oni05 kudari_oni06 kudari_oni07

地組みが終わった降鬼です。
kudari_oni08
6尺3寸(≒1m91cm)降鬼です。横に立ってらっしゃる方と比較して、その大きさがよく分かると思います。相当デカいですね・・・。

そして、同月末に降鬼の据え付け作業です。
kudari_oni09

続きは、後日とします。
スポンサーサイト

tag : 大棟鬼 降鬼 合端 熨斗 捨熨斗

comment

Secret

No title

クライマックスが近づいてきましたね!
すげー屋根構えになるんだろうなぁーと勝手に楽しみにしております(笑)
巨大鬼瓦、、、うちの玄関脇に飾りたい!
屋根の上には、、、載せられないですもんね、普通の住宅じゃ(笑)

Re: No title

いつもありがとうございます。

工程的には、折り返し点を過ぎたあたりですが、おっしゃる通りクライマックス目前ですね。

大棟鬼ですとサイズ的に無理がありますが、降鬼だと少々無理をすれば・・・(笑)。

ただし、製作費がいくらになるか定かではありませんが・・・(笑)。
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。