スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場調査8

先週末からの大雨の影響で、今日は現場調査や見積りに追われた一日でした。

朝一番で出動したのは、市内のとある住宅です。建物は、木造の二階建てで、屋根は入母屋箕甲造りとなっています。また、昨日の記事ではありませんが、全ての大棟と、玄関の降鬼並びに隅鬼には、家紋が取り付けられていました。それだけではなく、玄関にも彫刻がありました。
kamon03 kamon04

さて、肝心の雨漏りの件ですが、今朝は強い雨が降っていまして、御座敷の天井に雨漏りがしているのが確認できました。とりあえず、天気が回復次第に屋根に上るということで一旦撤収です。

お昼過ぎに、雨も上がりましたので、再度訪問です。

朝の段階で、だろうなという見当は付いていましたので、部分を調査します。

問題のは、これです。
amamori36


周辺部の瓦をめくってみますと、雨漏りの痕跡です。
amamori38

また例のごとく、水上部分には、穴も見つかりました。
amamori37

それと、屋根に上がる途中、土が流れた跡があり、気になっていた部分です。
amamori39

ちょうど、このあたりに軒樋が来てまして、この水は方向に流しっ放しの状態ですので、豪雨のときに大量の水が、この付近に集中したようです。

こちらは、大棟の段数が高く、熨斗積みにモルタルを使用してあるようですので、かなり手強そうです・・・。


本日の現場調査は、もう一軒ありました。

こちらは、葺き替え前提のお話でした。

事前に話は伺っていましたが、相当古い建物です。
amamori40 amamori41
明治の建物らしいです。

通常なら、葺き替えをお考えにならない築齢だと思われますが、家主様のこの建物に対する思い入れは相当なもので、今回工事をご計画なさいました。今は、違うところに住まわれており、別の方が住まわれてらっしゃいます。家主様は、幼少から学生時代をここで過ごされ、とても思い出の詰まった建物なのです。家の中にもお邪魔させていただきましたが、その時も当時の思い出話をされてらっしゃいました。

こういった建物は、外観が変わると劇的に若返りますので、大変な仕事になるとは思いますが、是非ともお世話になりたいと思う建物です。
スポンサーサイト

tag : 雨漏り 補修 古民家 葺き替え

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。