スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅葺き替え工事2 その4

天気が不安定なんですが、なんとか工事を進めています。

時折、強い雨が降ってきましたが、そのたびに慌てて屋根から下りることを繰り返さなければなりませんでした。

建物の全景です。
fukikae31
かなり進んでいまして、残りはあとわずかになりました。

拙者は、コンクリートの補修が必要な箇所があるため、汗だくでハツリ作業を行いました。これは、古瓦撤去作業時に、クレーンを使用したわけですが、敷地内に乗り上げる際に、コンクリートが割れてしまったためです。過去にも、2t車クラスの車両が乗り上げたことがあったそうですが、その時は何ともなかったそうです。まあ、さすがにクレーンともなると車重が比較になりませんからね。施主様も、クレーンの車重を実感しておられました。

コンクリートの厚みが10cmを超えるため、かなり悪戦苦闘しておりましたところ、施主様がハツリ機を貸して下さいました。そして、その上に作業を手伝っていただきました。暑いところ、ありがとうございました。

作業も一段落し、廃材を積み込んで撤収しようとしたところ、施主様から声をかけられました。屋根も立派になっていることだし、玄関の大棟鬼に家紋を取り付けたいとのことでした。玄関の棟は、熨斗を積み上げるのはこれからなので、今お返事を頂けたら間に合います。

急いで会社に戻り、家紋帳を持参の上、現場に戻りました。

施主様に見ていただいたのですが、実際の家紋と微妙に異なるような感じを受けられました。家紋は、間違いが許されませんから、日頃から打ち合わせは慎重に行っております。

何か、紋が入っているものがあれば、一発で解決なのですが、心当たりが・・・。ご家族のご葬儀の際に、案内の提灯を作られたそうですが、その提灯はご兄弟の家にあるとか・・・。

しばらく、あれこれと相談をしている時に、施主様が思い出されました!

急ぎ倉庫に入って行かれ、心当たりの物を探しだされました。それは、お孫さんの鯉のぼりの旗でした。お孫さんも成長され、鯉のぼりも現役ではないそうです。

そして、これが施主様宅の家紋だそうです。
gukikae32
植物系の家紋はよくお目にかかるのですが、文字系の紋は初めてでした。

家紋は、金焼で仕上げてもらう予定です。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。