スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございます!

午前中、お客様のご依頼で、現場調査に伺いました。

ご依頼の内容は、破損した瓦の補修です。破損箇所は、下廻りの屋根にあり、二階の窓から見える場所でした。瓦は、陶器瓦で、色は一般に銀黒と言われるタイプです。
tyousa04

ん?セメント瓦の欠片がありますね。
tyousa05
実は、こちらのお隣がセメント瓦葺きのお宅でして、台風の時に瓦が落下して、これらの破損が起きた模様です。しかし、台風って何年前だっけ?という感じです。実に、のんびりされた家主様のようでした(笑)。
ところで、こちらのお宅は、シリコンで瓦を接着してあります。拙者は、あまりこういうのは好きではありません。瓦を汚すなど見た目が悪いし、本当に猛烈な風が吹いたときには、効き目がありません。現に、畳一枚ほどの面積の瓦が、塊で吹き飛ばされた現場を何件か見たことがあります。やはり、基本は釘止めです。釘を打ってない状態でこんなことをやっても無意味です。ご注意下さいませ。

さて、本日のタイトルは〝ありがとうございます!〟ですが、どなたに対してかというと、新しくお取引をさせていただくようになった建築会社様です。そして、初めて頂いた現場の着工日が今日でした。

こちらの建物は、一戸建ての木造住宅で、オークリッジプロというシングルを施工いたします。

現場に乗り込みまして、最初に行う作業は下葺き材の施工です。なお、図面指定により23kgカラールーフィングを使用しています。これは、グリーンで着色をしてありますが、決してゴムアスルーフィングではございません。過去に、この類のルーフィングをゴムアスルーフィングと称して使っていた詐欺行為を聞いたことがあります。ご注意下さいませ。

こちらの会社様は、品質管理をしっかりと行っておられまして、初めての現場ということで、担当の方が施工要領が明記してある書面を使って、施工基準を指導していただきました。

隅棟の状況です。棟側から軒先側に向かって撮影しています。
sitaji03
続きまして、谷の状況です。
sitaji02
そして、壁の取り合いです。
sitaji01
本来、提出する写真は、スケールを当てて実際に寸法を測定している模様を撮るのですが、工事現場でよく見る黒板を置いての撮影になりますので、社名や物件名を消すのが面倒で、ブログ用に改めて撮りました(笑)。いずれも、施工基準はクリアしていまして、教科書通りの施工です。

より良い屋根工事に精進してまいりますので、末永くお付き合い下さいます様お願い申し上げます。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。