スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場調査4

先週の話になりますが、工務店様のご依頼で、雨漏りの現場調査に出動しました。どちらかの会社かは不明ですが、あるハウスメーカーさんの古い住宅です。

現場では、室内のリフォーム工事中で、大工さんが作業をしておられまして、雨漏りの箇所を教えていただきました。雨漏りは合計3個所あり、1階の屋根で発生しているようです。
amamori24
下地の状態が相当悪いのでしょう、屋根材が波打っています。また、大きく隙間が開いている箇所もあります。
amamori26
この面も似たような状態です。本体のひび割れも目立っていますね。
amamori25
こちらは、外観上破損はありません。ただ大きな隙間は、若干見受けられました。

一枚目の画像の面は、野地板を補修後葺き直し、残りの二画像の面は、破損した物を交換してはどうかという話しになりつつある状態でした。

『ん?二階の棟が無いですね?』二階の異常に気づき、屋根に登ってみました。
amamori28
あ、やっぱり・・・てな感じでした。下葺き材もボロボロの状態で、野地板などが露出しています。この屋根は、外壁から約700mm程の軒の出ですが、本体の登り枚数にして6枚分露出しています。182mm×6=1092mmですから、勾配を考慮したとしても完全に室内に雨漏りさせている状態です。しかも、よくみると棟際の本体ですが、隅切りをしていません。本来ならば、三角の先端を一定寸法でカットしておかねばなりません。これをやっておかないと、棟の内部に水を呼んでしまいます。新築時は、これで普通だったのかもしれませんが、今では施工不良と判断されます。恐らく、ここの屋根の隅棟は全てこの状態と思われます。
amamori27
他の無事な棟でも、棟包のサビが進行しています。ボチボチ交換を考えてもいい時期です。

また、棟包にそって打ったコーキング痕も気になります。以前から雨漏りしていたものの、原因が分からず、応急的に処置したものと推測できます。

こうなると、話しが変わります。原因も複合的な様子なので、部分的な補修では対応出来そうにありません。まず、野地板を交換して、全面葺き替えを行う必要があります。

しかし、悩ましい話しはこれからです。先に書きましたように、すでに室内のリフォーム工事が進行中なので、予算的に厳しい状況で、全面葺き替えは困難との事でした。実は、雨漏りの調査にお伺いした際に、こういう問題に直面することも少なくありません。折角きれいにリフォームなさっても、雨漏りがしたら台無しです。順序的には、雨漏りの問題を解決してから、室内の工事に着手されるべきですね。
スポンサーサイト

comment

Secret

あるある(T_T)

ありますねえこう言うこと。
室内のリフォームは目につくから、
お施主さんもはりきってするんですが、
屋根は目につかないこともあって、
あまり乗り気にならないんですよね。

結局、内部を大改装してきれいにしたあとで、
雨漏りして台無しになる事例もよく耳にします。

そうなると、きれいになったはずの内装が、
修繕でつぎはぎになるか、
もう一度やり直すかになって、
どちらにしろ
とんでもなく無駄に出費しなくてはならなくなります。

そういう事が多々ある事を、
多くの人に知っておいていただきたいです。

Re: あるある(T_T)

ご来訪ありがとうございます。
今回は、リフォームを検討されてらっしゃる方に知っていただきたくて、この内容にしました。
最終的に、施主様が不幸になりますからね。
見れば見るほど、問題点が見えてくる屋根でした。中途半端に手を加えても、後に責任問題が発生しますので、全面葺き替えしか選択肢が思い浮かびませんでした。

あるあるある(T-T)

ほんと、こういうのに当たると屋根工事業者にツケがまわること多いんですよねぇ。
「予算ないから、とりあえず雨漏り止める程度で」とか。
とりあえずって?止める程度って?(^^;

リフォームを考えている方はまず屋根のこと考えてもらいたいですし、重く受け止めてもらいたいですね。

Re: あるあるある(T-T)

ご来訪ありがとうございます。
その後の動きですが、コメントにもあります様に『とりあえず・・・』みたいな話になりました。聞けば3年後に全面葺き替えをご検討中とか・・・。中途半端にいじったとしても、何の意味もなさないので、飛散した部分の復旧のみを行うことを提案させていただきました。結果、お客様からも了承をいただきました。
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。