スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅葺替工事

今日は、よく晴れていました。久々に、青空を見た気がします。

昨日のことですが、工務店様の仕事で、一件古瓦撤去作業を行っていました。
仕事の概要としては、木造二階建ての大屋根のみ(およそ10坪 切妻一本棟)を、セメント瓦撤去ののちに、陶器の和型(J型)に葺き替えるといういうものです。築年数が経っているので、野地板を重ね貼りしていただいた他、破風板も新しいものに交換していただきました。

今日は、最初に桟木打ちを行いました。桟木自体に溝が設けてあり、雨水が瓦の内部に侵入した際に、軒先まで水を逃がす考え方です。これは、広く普及していますので、使われている工事屋さんも、かなりの数だと思います。他では、キズリテープや流し桟を使うケースがあります。
fukikae01

今回、棟には金具を取り付け、七寸丸仕上げとしました。
fukikae02

桟木打ちが終わると、地割りを行いまして、瓦揚げ~地葺きと作業を進めます。屋根が直角でないので、少々手間取りました。まあ、図面で描いたように、きれいな直角が出ている屋根の方が皆無な訳ですが・・・(笑)。新築だと、瓦の寸法に合わせて屋根を作っていただけますが、葺替の場合は、こちらから歩み寄らなければなりません(笑)。
fukikae03

地葺きが終わると、棟の施工です。先程の棟金具に、受桟として45×45mmの角材を取り付け、表面をなんばんで仕上げます。
fukikae04

そして、七寸丸を取り付けます。先程の受桟に、ステンレス製のパッキン付ビスで固定していきます。片付けと清掃を行い、工事完了です。お施主様、お世話になりました!
fukikae05
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。