スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小屋裏換気

今日は、日頃よく使っている製品について書きたいと思います。
以前に比べると、設計図面などで小屋裏換気についての指定が増えてきたと思います。また、遮熱シートとの組み合わせで、重要性が増してきました。

拙者は、(有)ユーユカワラさんのユーユ換気を使っています。

全体を見ると、このような作りになっています。素材には、HPにも記載がありますが、ステンレス製(厚さ0.4mm)です。
yu-yukanki_01

真横から見ると、このようになっています。向って右手が水上で、左手が水下です。
yu-yukanki_02

従来からある内蔵型の棟換気と理屈は同じです。瓦の下に野地板を切り明けて取り付けます。引っ掛け桟葺き工法の瓦であれば、取り付け可能です。そして、瓦の隙間から屋根裏の空気を排気するという考え方です。異なるのは、取り付け位置です。棟換気は、読んで字の如く、棟に取り付けて棟部から換気するものです。対して、ユーユ換気は、棟から2~3枚下った位置の平部に取り付けます。
これには、メリットがあります。
第一に、取り付け場所を選ばないことです。
棟換気ですと、ある一定の長さの棟がないと取り付けることが出来ません。寄棟では、大棟の長さが短く、十分な数量を取り付けることが出来ない場合があります。ましてや、方形(ほうぎょ)屋根や二階建ての下屋で棟がないところでは、取り付けそのものが不可能ですね。
第二に、取り付けが容易であることです。
新築では大差無いと思いますが、既にお住まいの建物に取り付ける場合は、段違いです。棟換気ですと、一旦棟を取り壊す必要があります。その費用だけでも高額になってしまいます。ユーユ換気ですと、平部の瓦を数枚めくるだけです。

取り付け方法など詳しいことは、同社HPをご覧ください。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックがブログ維持の源です(笑)。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

最近は、省エネルギー住宅の推進等で、建築の幅も狭くなっていると思います。
当社も、小屋裏換気か、屋根断熱かで、頭を悩ませる事が多々あります。
自己を主張しながらも、時代の流れに沿う・・・難しい事です。

Re: No title

いつもありがとうございます。
私のお客様がおっしゃってましたが、キーワードはエコということで、私がかかわる部分では太陽光発電・遮熱シート・小屋裏換気が以前より増えて来そうですね。
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。