スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラウドUU40 ライトカラー

今日は、用件がありまして、丸栄陶業(株)さんの九州営業所に行ってきました。

現在商談中の新築物件があり、瓦のサンプルを分けてもらうのが目的でした。

今回、候補に上っているのは、この二色です。
uu40
プラウドUU40(右:ライトレッド 左:ライトイエロー
メーカーさんには申し訳ありませんが、一枚を見ると、微妙です…(笑)

離れて見ると、雰囲気が出て来ました。
uu40 uu40

このような色調の場合、サンプルでは雰囲気がつかみづらいと思われます。離れた位置から、出来れば実際の施工現場をご覧いただくのが、この手の色を検討する際のコツだと思います。
スポンサーサイト

tag : 丸栄陶業(株) プラウドUU40 ライトレッド ライトイエロー

棟包交換工事

一昨日の記事天井裏から…の補修工事に出動しました。

まず、既存の棟包とそれを留め付けている木材の撤去から始めます。

散水テストの結果、水の侵入経路が確認された場所の状態です。
amamori
釘穴から雨水が侵入した事が、改めて確認されました。ちなみに、この釘穴は木材を取り付けたときの釘穴なのですが、野地板のみにしか釘が効いていませんでした…。本来なら、隅木に効かせる必要があるのですが…。

この他でも、雨水が浸入したような箇所が見つかりました。
amamori
ちょうどこの位置に合ったコロニアル本体にヒビが見つかりまして、撤去してみるとヒビの線に沿った形で跡が残っていました。雨水が入った痕跡もクッキリと残っていますね。
amamori
棟から雨水が浸入している跡が残っています。こちらの屋根は3寸勾配ですが、釘穴手前まで雨水が到達しているのが、良く分かります。最近では、条件付きで2.5寸勾配でも葺けるようになっていますが、個人的には3寸勾配が限界なのではと思います。

割れやヒビが入っているコロニアル本体の交換等を行った後、木材を取り付け、棟包の施工へと進みます。
hosyu

三つ叉部分は、以前より見栄え良く納まっているのではないでしょうか。
hosyu hosyu

今日の夕方、左官屋たくちゃんさんの事務所に、突然おじゃましました(笑) 見積り中だったのですが、話し相手になっていただきました。お忙しい所、ありがとうございました。また、のどが渇いた時におじゃましますので、その時はよろしくお願いします(笑)

tag : 雨漏り コロニアル 棟包

平板瓦の生命線

軒先の瓦座が腐っているので、瓦の状態を見て欲しいとの相談がありましたので、現地に行って来ました。

建物は、木造の平屋建て住宅で、谷等が一切無いシンプルな寄棟の屋根です。瓦は、セメント製の平板瓦です。
victory
当方に近い地域の同業の方ですと、『ああ、あれね』と反応される例の瓦です…。パッと見は、割れなどは見当たりませんでした。発売当時は、表面の塗装に対して30年保証が謳われた製品でしたが、10年ちょっとで、この状態です。今でも、30年保証が謳われている屋根材があるようですが、保証内容を含め、その中身については疑問を感じています。

問題の箇所は、鼻隠しの上に瓦座を取り付けた納まりで、その瓦座が腐っており、軒先の瓦がややお辞儀をしている状態でした。早速、周囲から瓦を外してみます。
victory
確かに、瓦座が腐食しています。

屋根に上る前から、ある程度予測していましたので、ある一点に注目して見てみました。アンダーラップにヒビが見つかりました。
victory victory
当初は、割れを想像していていたのですが、それに比べるとやや軽傷でした。

裏返しにして見て見ると、雨水が染みた痕跡がクッキリと残っています。
victory victory
ヒビから染みた雨水が、徐々に瓦座を腐食させていったようです。屋根全面で考えると、相当の枚数にヒビが発生している事が考えられます。

今回のようなヒビ以外にも、アンダーラップに堆積したホコリにより、雨水が溢れるという事例もあります。この瓦に限らず、同様の葺き方をする陶器の平板瓦についても、起きる可能性はゼロではありません。このアンダーラップは、雨仕舞を左右する重要なポイントであると言う事が出来ます。最近では、高性能の下葺き材に加え、流し桟や軒先水切りを施工する事により、万が一雨水が浸入した際にも、軒樋まで流すような対策が講じられています。瓦が割れていても雨漏りしにくい為、気がつかない場合があるかも知れません(笑)

念のため、他の面も点検してみました。真っ二つに割れている瓦が数枚見つかりました。
victory
こちらは、10年以上前に施工された屋根ですが、ゴムアスルーフィングのお陰で、室内には一切雨漏りしてなかったようです。

さて、この瓦についてですが、一時期活発に出荷されていた時もありましたが、現在ではそのメーカーさんも無くなり、供給の道が閉ざされています。最近になり、同様のトラブルが多く発生しているようで、その対応に頭を悩ませておられる家主様や工事店さんも少なくないのではないでしょうか…。

tag : 雨漏り 平板瓦 アンダーラップ ゴムアスルーフィング 30年保証

天井裏から…

今日は、お取引先のご依頼で、パッと見は異常無しの現場に出動しました。こちらは、棟包の交換工事をすることが決まっており、事前に散水テストを行い、雨水の侵入経路を正確に把握しておきたいとお考えになられたようです。現場調査後も、大雨が降った事があり、その時も雨漏りが起きたようです。屋根の状態としては、重症と言えるでしょう。

問題の箇所は、既に天井が壊されており、準備が整っていました。

先日の現場調査の際に、これらの塗料でくっついた状態の本体を問題視していました。
amamori amamori
室内に雨漏りしている位置とも近いため、こちらを重点的に調べようと考えました。

庭からホースを伸ばし、早速散水です。水の勢いが強くなりすぎないように心がけました。問題を切り分ける為、棟包にかからないようにしました。また、普段の雨を再現するため、真上からの散水としました。

散水を始めて、1~2分後には室内にポタポタと水が落ち始めました。
research
画像の下の方が軒先方向です。丸で囲んでいるのが本体の釘で、この釘穴から水が落ちて来ました。

この位置は、棟包が被さっている範囲になります。散水の仕方からも考え、この塗装でくっついている事が雨漏りの原因となった判断に間違いは無かったようです。

tag : 雨漏り 補修 棟包

彼岸花

今日は、以前記事に書きました、うきは市つづら棚田に行って来ました。

現在、彼岸花の見頃を迎えており、多くの人で賑わっていました。付近は、かなり混雑しており、やっとの思いで駐車スペースを確保することが出来ました・・・汗

higan higan higan
higan higan
一面を覆うような咲き方ではありませんが、田を縁取るように咲いた、鮮やかな赤が印象的でした。

思えば、近付いて見るのは、生まれて初めてのような気がします。
higan higan higan

tag : うきは市 つづら棚田 彼岸花

スリット商品

一昨日、お取引先のご依頼により、現場調査に行ってきました。スレート系の屋根材で、割れている箇所があるので、対処してほしい旨でした。

早速屋根に登ります。屋根材は、製造休止になって久しいスリットの入った商品でした。その一部が割れていました。破片が残っていたのが幸いでした。
slit
この商品は、幅が約600ミリで、2本のスリットが入っており、乱葺き調の仕上がりが特徴の物です。他にも、スリット商品はありますが、このような特有の割れ方が、あちこちで発生しているようです。スリットの無い商品に比べ、構造的に弱いのだろうと思っています。

スリットの無い商品ですと、以前の記事に書きました手順で、本体を交換する事が可能ですが、スリット商品ですと簡単には行きません…。破損した本体を取り除こうとすると、重なって来ている上段の本体が、よく割れてしまいます…。過去の経験でも、交換の依頼があった訳ですが、実際には破損した本体の数倍の枚数を交換する羽目になってしまい、日数と手間が大幅にかかってしまいました…。

このあたりを配慮してか、メーカーの施工マニュアルでも、破片がある場合は、それを接着するようになっています。また、破片が無い場合は、新しい本体を切断加工して破片を作るようになっています。

拙者は、このような事情を踏まえ、スリット商品はおすすめしないようにしています。また、これから屋根材を検討される方で、このようなメンテナンスについて納得出来ない方は、ご指定にならない事をおすすめします。

tag : スリット 交換

不幸中の幸い

新築工事でお世話になった現場の棟梁から連絡を受けていましたので、今日現場に行ってきました。先日、外部の工事中に、誤って破損させたので、交換をして欲しい旨でした。

このような破損状態です。
hosyu
二階の屋根で、軒先部の破損です。一般部と比べ、足場の通路も無く、交換し辛い場所です。

今回は、幸運な事に、破損箇所が足場の昇降設備付近だったのが、幸いでした。
ashiba
お陰で、昇降設備の踊り場に腰をおろして、作業が出来ました。

まずは、重なっているを浮かせます。
hosyu

そして、破損したを取り除き、新しい交換します。
hosyu

釘は打てませんので、接着にて固定します。
hosyu
過去ログアフターメンテでも、手順を紹介しています。そういえば、あの時もの色はグリーンでした…。

変な浮き上がりなどが無ければ、無事作業完了です!
hosyu

今後、破損が出ない事を祈るばかりです…(汗)

tag : 破損 交換

雨水の行方

今日は、午後から激しい雨となり、工事途中の現場は作業中止となってしまいました…。

さて、そんな中、お取引先より雨漏りの相談を受けていまして、雨が上がったのを見計らって調査に出動しました。雨漏り調査も、鮮度が命です!

問題の箇所は、ここです。
research
縁側が、鋼板の一文字葺きです。勾配が取れなかった為、このような屋根になったものと思われます。ですが、見たところ、一文字葺きでも厳しい勾配に見えましたが…。

谷付近から雨水が落ちているようで、付近の瓦をめくってみました。
amamori amamori
内部は、ビッショリでした…。念のため、他の部分も見てみましたが、今日の大雨による漏水箇所は見当たりませんでした。この部分は、谷樋は無く、一文字葺きを張り伸ばして納めてありました。谷に溜まっているゴミも気になるところです…。

これは、引いて撮った画像です。
amamori
谷の左手には、アルミ製の屋根付きテラスが設置されています。この屋根からの雨水が、鎖を伝って谷部に排水するようになっています。大雨時には、この排水された雨水が瓦の内部に入り込んだようです。

これと似たような事で、二階の雨樋からの雨水が、瓦の上に垂れ流しになっており、その付近で雨漏りが発生する場合があります。二階からの雨水は、確実に下屋の樋に流す事が重要ですね!

tag : 雨漏り 雨樋

チョンボ

今日は、お取引先のご依頼により、雨漏り調査に出動しました。建物を見た時、立派な造りで、瓦も古そうにないので、どうして雨漏りするのだろうと疑問を持ちました。

早速、屋根に登ります。
research
こちらでは、平成3年の台風17号・19号が大きな被害をもたらした訳ですが、こちらのお宅でも、当時被害に遭われたようで、補修の痕跡がありました。しかし、外観で見た感じ、雨漏りがするような状態には見えませんでした。

他に目を移すと、『ん?』と思わせる状態の箇所がありました。
sugaru sugaru
登りが合っておらず、取り合い箇所をコーキング処置した状態です。屋根に網が見えますが、これは、家主様が瓦の飛散防止として、被せてあるようです。このように、網を掛けてある屋根を見る事は珍しくありませんが、実際に大型台風が襲来した際には、何の役にも立たないような気がします…。逆に、屋根に登った時に、足を引っ掛けてしまい、とても危険です。

軒先部分を見ますと、『ありゃま…』
sugaru
屋根は寄棟形状で、一本の隅木を短くしている為、二箇所にすがる部分が出来ていました。ところが、この登り割付が出来ていない為、これを境に登りが合っていなかったのです…。

ちなみに、取り合い箇所の瓦を外してみました。
research
どう見ても、新築工事の屋根仕舞の時点で、割付が出来ていなかった様子です。

考える原因は、
 1.瓦屋さんから大工さんに対して、正しい割付が伝わっていなかった。
 2.かなり適当な大工さんだった。
だと思われます。責任の所在は不明ですが、かなり大チョンボです。

tag : 雨漏り すがる 登り 割付 調査

和瓦に一票!

連休、皆様いかがお過ごしになりましたか?

拙者は、土曜日に休みをもらって、出かけていました。留守中も、多くのアクセスを頂いてまして、大変ありがたく思います。

ところで、先週に着工した葺き替え工事ですが、昨日工事が終わりました。
fukikae
今日の午前中、激しい雨が降った時間帯がありましたので、早めに工事が完了していて、何よりでした。

屋根形状は切妻の一本棟ですが、片側にすがる部分があります。
fusezu
今回、このすがる部分に少々問題がありました。屋根が直角に出来ておらず、軒の出が揃っていませんでした。葺き替え工事では、よく遭遇する事で大騒ぎする事ではありません。

軒先の基準線を出す時際に、軒樋がかかる範囲で、瓦の出と登り寸法の調整を行いました。
sugaru
新築の場合は、瓦の寸法で、屋根の寸法が決まるのですが、葺き替え工事の多くの場合、屋根の寸法に瓦を合わせなければなりません。新築工事に比べ、難しい部分です。

こちらで使用したタイプの平板瓦ですと、すがる部分の袖瓦は、このように納まります。
sugaru
袖瓦の下は、防水テープなどを用いて、雨水の浸入を防ぐ処置を行います。その後、袖瓦をビスで固定し、桟瓦との隙間をコーキングで処置します。この部分の処置が甘いと、室内にこそ雨漏りしませんが、軒天にシミが出来てしまいます。こういったところが、『なんだかな~』と思う部分であります。

和瓦ですと、この部分はスッキリと納まるのですが…。
sugaru

tag : 葺き替え 平板瓦 和瓦 すがる

頭上注意!

先週の記事棟積み直し工事ですが、の解体作業に二日間かかりまして、今週に入り工事の真っ最中です。

下の桟瓦の納まりがいまひとつでしたので、その入れ替えを行ったあと、の施工に移りました。

最初に、棟金具を取り付けました。
mune

そして、のし積みです。のし瓦同士を銅線で結んでいます。
mune mune mune
棟金具に金属製の棒を取り付け、そこから丸瓦を留め付けるための銅線を出しておきます。

さて、現場の筋向いに目を移すと、危なそうな光景が見えました。
hazard hazard
大棟は崩れかかっています。棟の瓦は、針金で辛うじて止まっている状態です。また、庇もありまして、壁ののし瓦が、軒瓦の上に止まっています。この他、屋根面には、剥離した棟の面戸しっくいや棟土が転がっている状態でした…。現場付近は古い街並みで、建物が道路に面しており、玄関を出たら、すぐ道路という感じです。通行量も多く、ひとたびこれらの物が落下すれば、大きな事故につながります。そうならない内に、早めの処置が必要ですね!

tag : 落下 事故

屋根材選びにはコレ

今年3月の記事になりますが、連敗脱出?のお宅ですが、今日から葺き替え工事を始めました。

最初の工程として、既存の瓦の撤去作業から始めます。その後、下葺き材の施工まで完了です。
sitaji sitaji
既存の破風板が腐っていたため、大工さんにより交換作業中です。大工さんの作業が明日も続きますので、ウチは現場を空けます。

さて、こちらの現場から見下ろせる位置に、大きな分譲地があります。
snap
実際、こちらの家主様に瓦の色や仕上がりを説明する際にも、こちらの分譲地に建っている住宅を利用させていただきました(笑) カタログや施工写真で見ていただくよりも、家主様にとっても分かりやすく、拙者自身も大変楽でした(笑)

この規模の分譲地ですと、あらゆる屋根や外壁材を見る事が出来ます。新築や外部のリフォームを検討されてらっしゃる方にとっては、商品選定が非常に楽になるのではないでしょうか。明確にイメージをお持ちの方は別ですが、カタログなどを多く見られた挙句、迷いに迷われ結局決めきれなかったという話を良く耳にします。

tag : 葺き替え

ピカピカ泥団子

今日の夕方、社用で車を運転していたところ、左官屋たくちゃんさんとすれ違いました。そこで、左官屋たくちゃんさんにちなんだ記事を書きたいと思います。

先月の記事ある意味オフ会で、子供達の夏休み作品としてピカピカ泥団子作りの様子を記事にしました。

二学期になり、学校に提出したわけですが、その作品が家に戻ってきました。今は、玄関に飾っています。
snap
姉妹で色を変えてくれたらよかったのですが・・・(笑) 泥団子の下に敷いている座布団も、子供達の手製です。学校に展示した時も、座布団の上に飾りました。

長女の作品の方には、先生のコメントがありました。
snap
同級生や、そのお母さん方にも好評だったようでした。

来年は何を作ろうかと、今から思案中です(笑)

tag : 左官屋たくちゃん ピカピカ泥団子

パッと見は異常無し

昨日、お取引先のご依頼で、雨漏り調査に行ってきました。

建物は、築30年を目前にした木造住宅です。屋根形状は寄棟で、一部下屋があるという造りです。

早速、問題箇所の調査です。雨漏りは、梅雨末期の豪雨の際に発生した模様で、それ以外の雨では大丈夫とのことでした。
munetutumi
棟包にサビが見られる以外は、パッと見異常が見当たりません。むしろ、30年近く経過したコロニアルにしては、かなり良好な方ではないでしょうか。

ひとつの可能性が、頭に浮かびましたので、棟包を外してみました。
munetutumi
隅棟際の本体は、本体の先端を切り落とし、内部に雨水が入りにくい処置をしなければなりません。ですが、この世代の施工ですと、それがなされていないケースをこれまでに多く目にしています。しかし、そういった箇所は見当たりませんでした。

何でだろうと更に顔を近づけて見てみました。
amamori amamori
雨漏り箇所付近で、本体同士が塗料でくっついている箇所を見つけました。ここから雨水が浸入した可能性が考えられます。新築された後、一度だけ屋根塗装を行われた事があるようで、その時の物だと思われます。

今回、棟包がサビている事もあり、下地の木材を含めて交換をご希望になりました。既存の棟を撤去する時に、はっきりとした原因が分かる事でしょう。

tag : 雨漏り コロニアル 棟包 塗装 調査

棟積み直し工事

七月末の記事現場調査37の現場ですが、昨日より工事に取り掛かりました。工事内容は、タイトルが示す通り、積み直し工事です。

最初の工程として、既存のを解体しなければなりません。現状の瓦を再利用するというのが前提ですので、大切に扱う必要があります。

今日は、解体の二日目です。昨日は、長さ約10mの大を解体しました。二日目は、6mの大と3mの隅を解体しました。既存ののし段数は、大棟が6段程度なのですが、台幅が広い為に土の量が多く、手間がかかる作業となっています。

棟瓦と土を撤去し、棟下の面戸が残っている状態です。
hosyu
棟際の桟瓦も、入れ替えが必要になりそうです…。

解体が進むと、既存の微妙な状態が際立ってきます(笑)
hosyu

6mの大棟を解体した時の廃材です。
hosyu
段数の割に、廃材が多く発生しました。また、一部モルタルでのし積みされた箇所があったので、使えなくなったのし瓦が多数発生してます…。

tag : 積み直し

築100年

今日は、お取引先のご依頼で、屋根の調査に行ってきました。

家主様のお話によると、築100年という古い建物でした。建物の造りは、かなり本格的なものでした。
research research
今、同じように建てたら幾ら位かかるのでしょう…汗

早速、屋根に登り調査です。築100年ですから、瓦は、もちろん土葺きです。平部の瓦を外し、葺き土を取り除いてみました。
research research
下地を確かめるためです。今回は、下地でした。土葺きの場合、野地板か下地の上に杉皮を敷いた後、土葺きで平部の瓦を葺いていきます。今回は、葺き替えというお話ですが、瓦・土・杉皮を撤去した後、大工さんにより野地の改修と言う話になるのですが、既存の下地の状態により、瓦の撤去やその後の工事が大きく左右されるため、見積りの時点で下地調査は欠かせません。

屋根の実測の際は、スケールを持って歩き回ります。ところが、屋根勾配が6寸と少々きつめな上に、一般的な二階建ての住宅と比べ、軒高が相当に高い為、軒先に行く時は勇気が要りました(笑) おまけに、ズレが生じている土葺きの瓦の上ですから、なお一層…(笑)

tag : 葺き替え 土葺き 下地 杉皮 調査

衝撃的な光景

日頃、親しくしていただいている大工さんから電話が入りました。急ぎで雨漏りを見に行かなければならなくなり、出先から直行と言うことで、ハシゴを貸して欲しいと言う話しでした。その後、大工さんはハシゴを積んで、現場に向かわれました。

しばらくすると、再び大工さんからの電話です。セメント瓦の在庫確認でした。拙者も出先だった為、社に戻り在庫を確かめました。聞いていた程度の数量は揃っていたので、大工さんにコールバックしました。すると、大工さんは、既に会社の近くまで戻ってこられていました(笑)

次の目的地が同じ方向で、時間的にも余裕があったので、現場まで付き合うことにしました。

早速、屋根に登りました。
accident
瓦が砕けるように割れており、ここから雨水が入ったようです。瓦だけでなく、野地板にも穴が開いていました。

とりあえず、準備した瓦を使って、応急的に差し替えです。そして、雨漏りした室内を拝見させていただきました。すると、目の前に物すごい光景がありました(汗)

錆びた鉄骨が、天井に突き刺さっていました・・・。
accident
accident

犯人は、こいつです。
accident
現場に隣接して雑居ビルがあります。屋上に設置してある鉄骨の一部が、落下した模様です・・・。

問題の鉄骨は、長さが約3mのC形鋼でした。
accident
一人で楽々持てる程度の重量なのですが、高低差20mを超えるところから落ちると、破壊力十分です・・・。大工さんから聞きましたが、屋根の垂木もへし折られていたとか・・・。

此方のお宅はお店を経営しておられます。夜、店を閉めて帰宅された時に、1階の部屋でひどい雨漏りを見つけられたそうで、二階の部屋に入ってみると、目の前は・・・ということだったそうです。さぞ、驚きになられたことでしょうね・・・。普段、ご家族が問題の箇所付近からテレビをご覧になるらしいのですが、昨夜は偶然にもお留守だったようです。人的被害が無かったことが、何よりでした。

tag : ビル 落下 鉄骨 雨漏り

物事の順序 2

今日は、お取引先のご依頼により、葺き替え工事見積りのための現場調査に出動しました。事前に伺ったお話では、既存の瓦がセメント瓦で、塗り替えとの比較検討との事でした。その為、運転中に様々な事が頭を過るわけでした(笑)

現場に到着後、家の方にごあいさつ後、屋根に登りました。建物は、一部二階の切妻屋根です。
二階
research
下屋
research research
特に、複雑な屋根形状と言う訳でもなく、工事をやりやすい屋根です。

いつものように、平面図を起こし、軒や妻の出・屋根勾配などを測定し、実測は完了です。参考までに、屋根勾配は、3.5寸勾配でした。

その後、屋根下地の調査に移ります。瓦を外し、野地板を調べましたが、問題の無い強度で、特に補強等は必要ないようでした。ところが、数箇所瓦を外してみましたが、いずれの箇所からも漏水の痕跡が見受けられました。
amamori amamori amamori
昨夜、にわか雨が降った訳ですが、そんなに激しい雨ではありませんでした。家主様に伺いましたが、雨漏りはしてないとの事でした。もしかすると、お気づきになられていないだけかも知れません。

更に、家主様から衝撃的なお言葉でした。それは、屋根の上に太陽光発電システムを設置されるご意向でした…。塗装すれば大丈夫だろう程度のお考えだったのには、ショックを受けてしまいました(汗) 瓦を葺き替えた場合、予算的に太陽光発電設置が厳しくなる事を心配しておられました。(それは、ちょっと違うんですが…) 過去にも、セメント瓦太陽光発電を設置された後に、必要に迫られ、パネルを一旦撤去しての葺き替え工事をせざるを得なくなった事例を紹介しました。まずは、屋根を万全な状態にして、設置を考えられるべきです。最終的には、家主様の判断となってしまう訳ですが…。

このままの状態で、設置を積極的に進める事が出来る人は、よほどのチャレンジャーか悪意がある人のどちらかでしょうね(笑)

tag : 葺き替え 雨漏り 太陽光発電 セメント瓦

いかがわしい工事 その後

以前、雨漏り調査に伺った現場のその後です。

今日、葺き替え工事に伴う瓦の撤去作業を行いました。
fukikae
工事は部分的な葺き替えで、いかがわしい工事で触れた部分は、今回の工事に含まれません。切妻の大棟をはさんで反対側の面の一部を葺き替えるというものです。

瓦を撤去していきますと、色々見えて来ます。

小刻みに増築等を繰り返された結果、場所で瓦の寸法が異なり、取り合いは無理な納めになっていました。その結果、雨漏りの痕がクッキリと残っていました。
fukikae
雨仕舞を考慮し、内部に捨水切りが取り付けられていましたが、結果的に役には立っていなかったようです。

全体的に、NGなコーキングがしてあった為、平部はほぼ全滅です。
fukikae

棟と平部の瓦を撤去すると、下葺き材と桟木の撤去です。
fukikae
野地板の状態が良好ではなかった為、補強を行いました。

この他、軒先の瓦座が腐食していたため、交換も行いました。
fukikae

下葺き材を張り、第一関門突破です!
fukikae

棟を下葺き材で覆う為、反対面の桟瓦を一旦撤去です。
fukikae
コーキングがしっかりと効いているため、数枚くっついた状態でした(笑) 強い台風の時は、畳一枚くらいの面積の瓦が、くっついたまま飛ばされているのを見た事があります。やはり、基本は釘留めですね!

棟際を外した時に、“おや?”と思ったので、反対面のいかがわしい工事部分を見てみました。家主様の話によると、下葺き材を新しく貼った後、平部を葺き直したとの話でしたが、棟際は古い下葺き材のままであった為です。

軒先に近い位置を外してみました。
research
確かに、下葺き材は新しくなっていました。棟を扱う能力がない為、平部の撤去しやすい部分だけ、葺き直しを行ったと捉えるべきでしょう。ですが、雨漏りと言う問題を抱えた緩勾配の屋根に対しては、備えが足りないような気がします。しかも、葺き直した後に全面コーキングですから、来年以降が家主様にとって恐ろしい事になりそうです…。
家主様に伺った話ですが、施工の範囲は小規模だったのにも関わらず、支払われた金額は30万円とのことでした。今回の葺き替え工事代金と合わせれば、全面葺き替え工事の大部分を賄えた事になります。このご時世、費用を安く抑える事も重要ですが、決して無駄な出費とならないようにご注意下さい。

tag : 雨漏り 葺き替え コーキング

再葺き替え

今日は、お取引先のご依頼により、葺き替え工事の見積りの為の調査に出動しました。
research
元請け様によると、築年数がおよそ5~60年という話でした。屋根は、玄関と大屋根が入母屋造りで、玄関のみ箕甲でした。既存の瓦は、一部シルバーの陶器瓦葺きで、残りはセメント瓦葺きで、今回セメント瓦葺き部分のみの葺き替えをご希望でした。

いつもの通り、建物の寸法をとり、一階部分の平面図を起こします。その後、二階を作図します。その後、棟や谷等を書き込んでいきます。そして、軒の出や屋根勾配を確認し、作図は完了です。今日も残暑がきつく、作図していた方眼紙に、汗が滴り落ちます…。

そして、屋根下地などの状態や、問題のある箇所をチェックしていきます。こちらでは、瓦棒葺きの屋根があり、サビが目立ちます。画像を添えて、元請け様に報告しなければなりません。
research

また、雨にも問題がありました。一部は、金具がサビてしまい、軒が欠落している箇所がありました。この他、二階の軒からの雨水が下屋に垂れ流し状態になっており、その部分は雨漏りを予想しましたが、的中です。
research
research
漏水痕が残っていました。このように、瓦に破損などが無い場合でも、他の要因により雨漏りが起きる事があります。

元請け様のご指示では、セメント瓦葺き部分のみという話でしたが、シルバーの陶器瓦葺き部分も、決して良好とは言えない状態でした。平部では、割れや表面の剥離が見受けられました。この他では、降棟が目につきました。
research research
降棟の台土から草が生えている他、降棟自体にもズレが生じていました。この状態も、報告したいと思います。

最後に、屋根下地をチェックしました。所々、瓦を外し垂木と垂木の間の部分を踏んでみて、強度をチェックです。下葺き材が破れている箇所を見てみると、ベニヤ板が見られました。これは、軒裏部分の画像ですが、野地板の間からベニヤ板が見えます。
research
これは、元々土葺きであった屋根を葺き替えた事を意味します。土葺きの場合、野地板をピッタリ詰めて張りませんので、腐食などが無くても、隙間が大きい為、そのままの状態では新しい瓦を葺く事が出来ません。こちらでは、既存の野地板が丈夫であったため、4ミリ程度のベニヤ板を重ね張りしたものと思われます。今回、葺き替えをご決断されると、再び葺き替え工事を行うという事になります。

tag : 葺き替え 補修 セメント瓦 シルバー 雨漏り 調査

棟解体

現場調査38補修工事続編です。

野地板が腐食していた部分は、野地板を張り替え、平部の瓦を葺き直しました。
hosyu
瓦を撤去してみて分かった事ですが、壁取り合いには捨水切りが取り付けられていませんでした…。下葺き材の立ち上がりも、100ミリ程度…。上部屋根の軒の出がかなりあるため、雨漏りには、さほど影響がなかったようです。

さて、今日は人員が揃ったため、工事もスピードアップです。樋の入れ替えに伴い、の取り合う部分を解体しました。
hosyu

再利用するため、破損しないように取り扱います。
hosyu
のし瓦を積む際に使用された土やしっくいを、きれいに取り除かなければ、再利用出来ません。これが、意外と手間のかかる作業となります。また、既存の瓦がモルタルで積み上がっている場合は、ほぼ再利用出来ません。の改修工事の場合、こういった部分まで調査を行います。事前調査無しで現場に行き、慌てる場面も少なくありません…。

tag : 雨漏り 補修 調査

開けてビックリ

昨日の補修工事の続きです。

夕立が心配でしたので、小刻みに工事を進めました。その結果、非常に効率が悪くなってしまいました…。ですが、家には家主様ご家族がお住まいですので、やむを得ませんね!

今日は、残る一箇所のの入れ替えを行いました。瓦と樋を撤去すると、驚愕の事実が!(笑)
hosyu
樋の下には、下葺き材がありません。ちょうど、樋に沿うように下葺き材がカットされています。恐らく、樋は板金屋さんで取り付けられた物と思われます。新築工事の際、屋根仕舞完了後、板金屋さんが樋を取り付けた後、瓦屋さんが現場に乗り込んだものと推測されます。今では、下葺き材の施工方法も、より厳格になっており、とても考えられない事です。当時のアバウトさがうかがえる光景でした(笑)

さて、工事の方ですが、谷樋交換並びに平部の葺き直しも無事終わりました。
hosyu
そして、取り合う棟の復旧を行いまして、工事は無事完了しました。工事期間中、激しい夕立にも遭いましたが、トラブルもなく工事を完了する事が出来て、何よりでした。

tag : 補修 下葺き材

プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。