スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷樋交換2

ご無沙汰をしております(笑)
数日間出張してましたので、ブログは放置状態でした・・・(笑)

先日、現場調査をご覧いただきましたが、今日補修工事に入りました。

建物は、鉄筋コンクリート造の公民館です。今日は、土曜日で学校はお休みですから、『土曜学級』で付近の小学生が来ていました。ちょうど、作業箇所の真下が駐輪場になっていまして、自転車を止めようとしてましたので、安全のために、まずは立ち入り禁止にしました。
amamori15

タワーなどの準備をし、作業開始です。

最初に、棟の解体と谷樋に重なっている部分の瓦の撤去を行います。

そして、谷樋を撤去します。

撤去した谷樋の状況です。
amamori21
この建物の屋根は和瓦(J型)葺きでして、指し示している茶色い部分が瓦の谷になっている所と合致する箇所です。その中でも、指先の黄色っぽく見えるところが問題です。

指で軽く押してみると、このように簡単に破れます。ほとんど紙と同じ状態なのです。
amamori22
黄色信号です。まさに穴が開く寸前の状態ですので、お心当たりがある方は、お近くの瓦工事屋さんにご相談されることをお勧めします。

さて、谷樋を撤去した後の下地の状況です。ここまでは、前回の木造の現場と状況は似たり寄ったりです。
amamori17

ところが、ここから先が状況を複雑にさせました。全面が濡れています。
amamori18
谷樋の穴だけでは、こういう濡れ方にはならないと思います。よく観察してみると、谷樋の縁に沿って濡れた跡が残っています。かといって、平部から谷へと流れた痕跡も見当たりませんでした。どうやら、谷樋の水返しを乗り越えて、雨水が浸入したようです。普段使っているものと形状が異なり、3センチ程度折り返しただけの物でした。なお且つ、その折返しもつぶれている箇所が目立っており、その結果水返しの役目を果たすことが出来ず、容易に内部に雨水が浸入したようです。

そして、この入隅部分から流入した水が軒裏へと回り込んだようです。
amamori19
amamori16

その後の処置については、前回と重複しますので、割愛いたします。今日は、平部の復旧まで終わりましたので、月曜日に棟の復旧をすると工事完了です。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックがブログ維持の源です(笑)。皆様の一票をお願いいたします。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
スポンサーサイト

谷樋交換

今日は、2月7日にご覧いただきました現場調査2の続編です。

この建物は、一般に開放されていまして、会合や茶会などに広く使われている建物です。毎週一回、月曜日が休館日になっていまして、その日を利用しての補修工事となりました。工事の内容は、4か所で計13mの銅製谷樋をステンレス製に交換するという物です。

今朝は小雨が降っていましたが、天気予報を信じて(笑)強行しました。午後にかけて晴れ間も見え、正直ホッとしました(笑)。

まずは、取り合う瓦を撤去した後に、既設の銅製谷樋を撤去します。
amamori10
amamori11
amamori12
amamori13
穴から進入した水の跡が、ハッキリと分かりますね。

下葺き材を増し貼りして、ステンレス製の谷樋を取り付けます。その後、瓦を復旧します。
amamori14

掃除を終え、補修工事は完了しました。

なお、現場調査でご覧頂いた現場は、27日(金)に足場を設置後、補修工事を行う予定です。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックがブログ維持の源です(笑)。皆様の一票をお願いいたします。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村

住宅葺替工事

今日は、よく晴れていました。久々に、青空を見た気がします。

昨日のことですが、工務店様の仕事で、一件古瓦撤去作業を行っていました。
仕事の概要としては、木造二階建ての大屋根のみ(およそ10坪 切妻一本棟)を、セメント瓦撤去ののちに、陶器の和型(J型)に葺き替えるといういうものです。築年数が経っているので、野地板を重ね貼りしていただいた他、破風板も新しいものに交換していただきました。

今日は、最初に桟木打ちを行いました。桟木自体に溝が設けてあり、雨水が瓦の内部に侵入した際に、軒先まで水を逃がす考え方です。これは、広く普及していますので、使われている工事屋さんも、かなりの数だと思います。他では、キズリテープや流し桟を使うケースがあります。
fukikae01

今回、棟には金具を取り付け、七寸丸仕上げとしました。
fukikae02

桟木打ちが終わると、地割りを行いまして、瓦揚げ~地葺きと作業を進めます。屋根が直角でないので、少々手間取りました。まあ、図面で描いたように、きれいな直角が出ている屋根の方が皆無な訳ですが・・・(笑)。新築だと、瓦の寸法に合わせて屋根を作っていただけますが、葺替の場合は、こちらから歩み寄らなければなりません(笑)。
fukikae03

地葺きが終わると、棟の施工です。先程の棟金具に、受桟として45×45mmの角材を取り付け、表面をなんばんで仕上げます。
fukikae04

そして、七寸丸を取り付けます。先程の受桟に、ステンレス製のパッキン付ビスで固定していきます。片付けと清掃を行い、工事完了です。お施主様、お世話になりました!
fukikae05

big降棟

前回に引き続き、スケールの大きな屋根をご覧いただきます。

まず、降鬼の鬼際断面図です。降鬼の大きさが目を引きます。高さが1,911mmと、拙者の身長をはるかに超えています・・・。
kudarimune01
熨斗積みの仕様は、台・肌熨斗2段、捨熨斗4段、割熨斗8段です。また、台・肌熨斗及び割熨斗の上二段は、一枚物の熨斗瓦を使用されたようですね。

これが、実際の施工の様子です。想像を絶するスケールです・・・。(多分、金額も想像を絶するスケールかと・・・。)
kudarimune02
鬼瓦の取り扱いには、相当気を遣われたことでしょうね。拙者は、近づきたくないです・・・(笑)。

ちなみに、当ブログの現場において、大屋根の降棟を施工していた時の様子です。参考までに、降鬼の寸法は2尺(≒606mm)ですから、先ほどの鬼瓦の1/3程度の高さということになります。
kudarimune42
この時に使用したクサビの材料は、15×21mmの桟木の厚みを10mmに削った物を使用していました。

しかし、当時の画像を改めて見ると、ほんの数か月前ではありますが、大変懐かしいものですね。



本葺平

今日は、久々に瓦の記事を書きたいと思います(笑)。先日より、袖地袖地2にてご紹介しました大きな社寺建築の現場の続編になります。

これが、その現場で使用された平瓦と素丸の形状を示した図面です。
big_hira05

偶然ですが、それに近い寸法の平瓦を社内に展示していまして、それがその画像です。大きさを実感していただけると思います。
big_hira01
実物は、この瓦と比べ、縦横共に3cm程度大きいようです。

当ブログの現場で使用しました“南都瓦D型”と比較して見ました。南都瓦D型も、大きめの平瓦ではあるのですが、段違いです。
big_hira02

石州産の和型(J型)や、平板瓦とも並べて見ました。一般住宅などで広く使用されている瓦との大きさの比較です。
big_hira03big_hira04

それでは、この建物の概要です。
big_hira06big_hira07
屋根は二層になっていまして、左側が上層の大屋根で、右側が下層の屋根を描いた図です。中を見ると、棟などの長さとともに、面毎の瓦の予定数量が入っています。
二つの屋根を合計しますと、何と素丸が33,972本、平瓦が71,739枚にもなります。そして、屋根面積は8,789㎡です。
参考までに、当ブログの現場は、積算時点での屋根面積は1,531㎡でした。この現場も、大型物件の部類に入る大きさなのですが、その5倍を超える面積です。

この大きさのお話は、次回に続きます。

ついに、やっちゃいました。

11日の夜になってからのことですが、体にだるさを感じまして、体温を測ってみると38度!
とりあえず、早めに床に就きました。しかし、深夜1時頃に目が覚めて、それ以後は熟睡できない状態・・・。

12日、朝から39度という高熱でしたが、相当前からの約束がありましたので、とりあえず午前中は頑張ってみようとフラフラしながらの出社でした。出勤したはいいものの、お客様の所まで運転する自信がありません。そこで、もともとお客様からの依頼事だったこともあり、〝うちの会社まで迎えに来て・・・。〟数件、訪問先を回ることが出来ました。お客様には、相当気を遣っていただきました。なんとか、仕事をこなし帰社・・・。朝の時点で、社長から許しをもらっていたので、直後に帰宅しました。奥方のほうも、朝から高熱出していまして(汗)、職場から早退命令があったようでした。

午後から、病院に行きまして、診察の結果インフルエンザであることが判明。これで、子供たちに続き、両親もということで、家族全員がインフルエンザにかかってしまいました。これで、私もタミフルユーザーになりました。
tamiflu

ところで、抗原(A型 or B型)を検査する時ですが、最初細いヤツを鼻の奥に入れますけど、どこまで入れるのよ!って言うくらい入れるんですね(汗) 痛さは無かったのですが、ギョッとしました・・・。

というわけで、自宅で寝て過ごすことになりました。熱も簡単には下がってくれず、結局、昨日の土曜日まで、会社を休んでしまいました。

今日になり、どうにかパソコンに向き合う余裕が出来まして、さぼった分だけ、訪問していただいたブロガーの皆さんのところへお邪魔させていただいた次第です。月曜日からは、出社出来そうです。更新も再開しますので、またよろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックが回復の源です(笑)。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村

アントノフ飛来

今日は、カテゴリーとはかけ離れたものを書きたいと思います。

仕事が休みになったこともあり、早朝から出かけました。

ターゲットはこれです。アントノフ設計局のAn124-100という機種で、貨物専用の大型機です。(興味のある方は、ググって頂くと助かります。体調最悪です。) レア度の高い機種なので、航空ファンだけでなく、カメラを持った空港の関係者も多く見かけました(笑)。
antonov01

早朝の7時過ぎに到着しまして、それに間に合わなかった人が多数でした。

誘導路でしばらくの間待機した後、駐機場に到着しました。まず、機体後部から二つの荷物を降ろした後、機体の向きを変えました。この機体は、前輪の軸が二組あって、牽引が非常に難しいそうです。
antonov02
飛行機との距離が近すぎて、手持ちのレンズでは全体を納めることが出来ず、思わず知り合いの方にレンズを借りました(笑)。普段35-350ミリという便利なズーム域のレンズを使っていますが、飛行機で広角レンズが欲しくなったのは初めてでした。
antonov04

コックピット後方には、このような塗装がされています。利用されたい方は、一度お問い合わせなさってみてはいかがでしょう(笑)。アントノフ設計局は、ウクライナの首都〝キエフ〟にあるようです。
antonov03

そして、メインの荷物が降ろされます。ヘリコプターが見えてきました。そうです、今回はヘリコプターの空輸目的の飛来だったようです。
antonov05
先ほどの細長いケースの中身は、プロペラだったのでしょうね。

ヘリを下ろし終えた状態です。
antonov06

有意義な一日となりました。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックがブログ維持の源です(笑)。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村

袖地2

先日に引き続き、親方提供の画像をご紹介します。

桟木の施工が終わった状態です。
sodeji11
先日も書きましたが、まるで壁のような棟ですね(笑)。

そして、箕甲の施工へと移ります。掛巴の取り付けが終わり、掛面戸を施工中の様子です。画像の下部に、職人さんの姿がありますが、抱えている掛面戸の大きいこと、大きいこと。
sodeji12

刀根地が葺かれ、刀根丸が納まった様子です。袖地の平瓦も施工の途中ですね。
sodeji14

袖地の平瓦が葺き終わり、袖丸の施工へと移った様子です。
sodeji13

袖丸完了の様子です。
sodeji15

それにしても、すべてのスケールが大きいですね。瓦の荷揚げや、屋根上での持ち運びを考えると、恐ろしくなりそうな現場です。

現場調査2

今日は、午前中クレーンを使用しまして、住宅新築工事現場にて瓦揚げを行いました。瓦は、プラウドUU40で、役瓦を含め計12パレットと大きめの屋根での作業でした。

午後からは、お客様と約束していた雨漏りの調査に出向きました。

この建物は歴史がありまして、旧陸軍の師団長官舎として使用されていたそうです。また、某有名ミュージシャンが少年時代に住んでいたことで、地元では知られています。
amamori06

まず、雨漏り箇所の確認からです。

『見た感じ、どうも谷っぽいですね~』といったやり取りの後、早速屋根に登りました。

現場に行く前から、うすうす予感はしていましたが、谷樋に使用されている銅板に穴が開いていました。
amamori07
amamori08

中には、恐らく建物の関係者の方だと思われますが、このようにテープで応急処置をされた箇所もありました。
amamori09

そういえば、先日の記事現場調査でも、谷樋の穴開きが原因で雨漏りしてましたね。

この二つの建物は、直線で結ぶと数百mしか離れていません。偶然とはいえ、同じような話が続くものですね(笑)。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックがブログ維持の源です(笑)。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村

現場調査

先日より、雨漏りの調査依頼がありましたので、現場に出向いて調査しました。

建物は、公共物で、鉄筋コンクリート造で、屋根に陶器の和型(J形)を葺いている物です。私が、この業界に入る前の建物で、築年数は20年を超えているそうです。

問題の個所は、ここです。入隅のちょうど谷芯付近です。室内には、雨漏りしてない状況でした。
amamori05
軒裏に水が回り、塗装が剥離していました。

梯子を目一杯伸ばして、大屋根に登りました。恐らく、二階の軒高で7m程度といったところでしょうか。

谷を見たら、この状況でした。
amamori01
銅製の谷樋ですが、いくつも穴が開いています。

拡大すると、こんな感じです。
amamori02

大気汚染が、災いしているために、このような現象が起きるとのことです。特に、車の通行量が多いところは顕著らしいです。以前、他の現場で見たことがあるのですが、銅製の軒樋で500円玉大の穴が開いているのを見たことがあります。大気汚染恐るべしといったところですね。他にも、軒先が銅板で、その上に瓦を葺いている建物でも、よく見かける現象ですね。あるところで聞いたことがあるのですが、こういった地域で調査が行われたことがあるらしく、その時は、谷部の瓦の表面に付いた夜露のPH値が2~3といった測定結果が出たそうです。ちなみに、食用ではレモン汁や酢と同じ程度らしいです。

他にも、物が当たったのでしょうか、亀裂や破れが見受けられました。
amamori03
amamori04

最近では、銅板にかわり、ステンレスといった素材を使うことが多くなりましたので、今回の件もそういった物に交換するという方法で、対処することになります。



節分

今日は、節分の日です。各地でも、節分の催し事が行われたようですね。我が家でも、毎年豆まきをやっています。

拙者が帰宅すると、直ちに豆まきが始まります。

居間に入ると、娘は鬼のお面をかぶっていました(笑)。
setubun02

二人とも、学校と保育園それぞれで鬼のお面を作ってきたようです。長女は、絵が描かれた物に、色を塗っただけのようですが、次女の方は、顔まで自分で描いたようです。悪ガキっぽい顔ですね。ちょっと笑ってしまいました(笑)。
setubun03

さあ、豆まきです!

おや?豆は3組ですね・・・。
setubun01




すかさず、お面を渡されました。


そうですか、拙者が鬼役ですか・・・。


玄関の中でやるのかと思いきや、外に出ろと・・・。


家の前は、帰宅途中の人が・・・(笑)。


心なしか、妻と次女の投げたのは痛かったような・・・。長女は優しいので、助かりました。


豆まきは終わりました。


この後は、ここ数年続けてますが、恵方巻きを食しました。
setubun04

4人とも、無事に無言で食べきることが出来ました。子供たちは、何を願い事したのでしょう。このあと、風呂で聞いてみることにします。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックがブログ維持の源です(笑)。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村

凧揚げ大会

今日は、地元の催し事で凧揚げ大会がありました。事前に、連凧を作っていたらしく、その凧を見に行く予定で出かけました。会場に行ってみると、多くの親子で凧作りに励む光景がありました。

”よし!作ってみるか。”という感じで、凧作りに挑戦しました。

”出来上がり!”

・・・・・・なかなか、うまく揚がってくれません。長女が凹み始めた・・・。隣では、次女の凧が風に乗って高々と・・・。
tako01


こうなってくると、父親のメンツにかけて・・・。バランスを修正しました。

今度は、よかったみたいです。
tako02

中には、ブルーシート製の大きな凧もありました。
tako03

凧の尻尾には、こんな文字が。
tako04

将来に向けて、本当に欲しい物です(笑)。

ブログランキングに参加しています。皆様のクリックがブログ維持の源です(笑)。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。