スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き出しの中から…4

今日は、好天に恵まれました。花見も今度がラストチャンスといったところでしょうか。画像はありませんが、一件住宅の葺き替え工事が始まりました。初日の今日は、瓦を撤去し野地板を貼る作業です。各種水切り取り付けや桟木打ちなどを経て、5日(月)に瓦揚げの予定です。現場は空き家になっており、室内も大改装との事で、雨にも負けず工程を進めていきたいと思います(笑)

さて、昨日の続きです。

大棟鬼の合端作業です。
omune_oni omune_oni
鬼瓦は経ノ巻型で、三ツ組となっています。

頭と足はボルトで組み上げます。
omune_oni omune_oni

大棟鬼が据え付けられました。
omune_oni
当時、両サイドにスペースが無く、妻側は撮影出来ませんでした。

そして、棟の施工に入ります。
omune
この時も、反り熨斗を使用しており、全ての熨斗を選別して使っています。(参考記事 のし選別)

そして、降棟の様子です。
kudarimune

親方曰く、バージョンアップ前の工法です。日々研究に研究を重ねている親方ですから、当然と言えば当然ですね。

棟の施工が終わり、紋を取り付け工事は完了しました。現場での作業のみで、およそ一ヶ月を要しました。

これは、現在の姿です。
kanryou
頼んではいないのですが、スズメがモデルをしてくれています…。あとから気づきました…。

当時撮れなかった、妻側です。
kanryou

降棟です。
kanryou

両サイドには、獅子が座っています。
kanryou kanryou
スポンサーサイト

tag : 経ノ巻 大棟 降棟 反り熨斗

大型社寺物件 その20

大規模な社寺建築工事現場も、着工後21ヶ月目に突入です。

まず、下層の屋根の様子からです。

これは、勾配が緩い箇所を地葺きしている様子です。
jibuki54
過去の記事にも書きましたように、瓦の下に銅板の水切りを取り付けています。

平瓦を葺いた後、素丸葺きです。
jibuki55
素丸の目地を揃えるための水糸が、たくさん張られています。足を引っ掛けそうな・・・。

一方、大屋根です。

前月分で、大棟の天熨斗施工の様子をアップしていましたが、その後、衾瓦の施工を終え、いよいよ衾施工用の足場が解体されました。
omune69 omune70
足場に使用されている道板が、非常に小さく感じますが、一枚の幅が約30センチにもなる物なんですよ。

これは、スナップ写真ですが、監督さんと鬼瓦の2ショットです。
omune_oni39
実際の人物は隠していますが、ほぼ身長の高さで、隠しています。想像を絶する大きさでしょ?

tag : 本葺き 足場 大棟 鬼瓦 素丸

大型社寺物件 その19

今日は、現場関係のネタが無いので、大規模な社寺建築工事現場について書きます。

現場は、着工後ついに20ケ月目に突入です。規模が大きいだけに、工期も規格外です。

当月は、大棟の施工が中心となっています。

前月に大棟鬼が据え付けられていました。当月になり、まず(いらか)の施工です。
omune65

続いて、台熨斗・肌熨斗・割熨斗・天熨斗の順で熨斗積みを行います。
omune66 omune67 omune68
ここの現場でカマシは何個準備したのでしょうか・・・。きっと、恐ろしい数なんでしょうね・・・。

棟の下地の段階で、このような高さがありますので、足場の上に更に足場を設置しての作業となります。
omune63

通常だと、こういった高さになります。
omune55
(画像の彼、元気にしてるかな・・・。)

また、当月下旬の画像ですが、大屋根の隅棟2ケ所が施工完了した様子です。
sumimune54 sumimune55

tag : 大棟 隅棟

向拝大棟

今夜は、ある業者会の忘年会に出席していましたので、更新が今時分になりました。また、明日は現場がお休みになりますので、現場の忘年会も行われました。多分、まだ飲んでるのでしょうね。

それでは、本日の現場状況です。大屋根はほとんど仕上がっているように見えますね。
zentai03
昨日、大棟の亀衾の施工をご紹介していましたが、銅線も切り終えまして、クサビを取ってしまうと、完全に終わりです。
omune61
また、南面の降棟の取合い箇所の熨斗積みが終わりました。不意の雨に備えて、養生しています。残るは、亀衾の施工のみです。
kudarimune44
kudarimune45

さて、本日のトピックスです。
大棟の施工が本格化しました。面戸を取り付け、その後熨斗が計3段積まれました。
gohai_omune03
鳥居に熨斗の高さが合っている様子です。
gohai_omune04
gohai_omune05
水切熨斗との取合い箇所は、このように納めてもらっています。なかなか細かい細工です。
gohai_omune06
もちろん、熨斗同士は銅線で引っ張ります。
gohai_omune07

この他では、隅棟の面戸瓦が施工されました。台熨斗がつっかえないように、面戸の高さに合わせて素丸の出っ張り部分を落としているのがお分かりかと思います。
gohai_sumimune01
台熨斗の幅で鎖が張られている様子です。
gohai_sumimune02
中に、なんばんを詰めたあとの様子です。養生をして、今日の作業は終了です。
gohai_sumimune03

ご覧の通、作業は大詰めです。工事完了も目前に迫りました。引き続き、ご声援よろしくお願いいたします。


大棟割熨斗完了

今日は、朝のうち雨だったものの、午後から気持ちのよい晴天になりました。

本日の現場状況です。

大屋根北西の隅棟の熨斗積みが完了しました。その後、亀衾が葺かれました。
sumimune43

向拝では、隅鬼と降鬼が据付けられました。
降鬼の据付の様子です。
kudarimune43
お次は、隅鬼です。
sumimune44

さて、本日のトピックスです。ついに、大棟の熨斗積みが終わりました。
そして、鬼際を除き、鳥居が外されました。
omune43

熨斗の通りを細かく調整しました。
omune46
omune48
omune49
omune47
omune45
足場上に這いつくばったりして、熨斗の通りを厳しくチェックしました。棟の端っこから「5厘(約1.5mm)出して!」などと指示が飛んでました。とにかく、時間をかけて念入りにチェックされました。その後、休憩の時は、道路からチェックと言った感じです。

一通り調整が終わった状態です。
omune50
台熨斗辺りに目線を合わせてみました。
omune51
鳥居が外れると、棟の反り具合も分かりやすくなりました。
omune52

熨斗瓦の継ぎ目には、全てシーリングをしています。また、亀衾を合わせるための隅が打たれました。
omune44
そして、亀衾が葺き始められました。
omune54
また、棟の中段から下は、クサビが外されました。
omune53
プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。