スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大規模社寺物件 その21

久しぶりに、大規模社寺建築工事現場の記事を書きます。

現場は、着工後22ヶ月目に入りました。

大屋根におきましては、妻面の降棟が施工されました。
kudarimune14
迫力満点の鬼瓦ですね。

また、大棟と取り合う部分の降棟の仕舞が行われ、
kudarimune15

鉄骨製の足場解体に伴い、未施工部分の瓦が葺かれました。
jibuki56

これで、大屋根も一段落といったところでしょうか。

一方、下層屋根です。

こちらでは、壁熨斗の施工が始まりました。
mizukirinoshi14 mizukirinoshi15
熨斗は、合計5段積みのようです。棟もそうですが、壁熨斗もゴツイです。
スポンサーサイト

tag : 降棟 壁熨斗

大規模社寺物件 その16

考えるところがありまして、ブログ村のランキングにエントリーしているカテゴリーの一部を変更いたしました。今後とも、よろしくお願いいたします。

さて、大きな社寺建築工事現場は、二年目に入り、着工後14ケ月目です。

前月より、降棟の施工が始まったわけですが、捨熨斗施工の後、通し熨斗の施工が着々と進んでいます。
kudarimune08

これは、降棟と大棟の取り合い部ですが、鳥居を設置している様子です。
kudarimune09
鳥居に関しては、使用する部位は異なりますが、過去ログ大棟鳥居内にて触れていますので、よろしかったらご覧ください。

他の降棟でも、施工が着々と進んでいます。
kudarimune10 kudarimune11

一方、大棟鬼瓦の合端作業です。

吽形鬼の足裏張りの合端が、完了いたしました。
omune_oni33
このサイズの鬼瓦になると、合端作業もかなりの大仕事ですね。

そして、現場で二回目の年末です。

積雪したときの、ひとコマです。
snap51


tag : 降棟 鳥居 鬼瓦 割熨斗

大規模社寺物件 その15

大きな社寺建築工事現場も、二年目に突入しました。

大棟鬼瓦の合端作業は、継続中です。

阿形鬼瓦は、顔の寸法計測です。
omune_oni31
人物と比較すると、大きさがよく分かります。ちなみに、この鬼瓦の断面は、このようになっていましたね。
omune_oni013

吽形鬼瓦の方は、足の合端中です。
omune_oni32

また、大棟鬼・降鬼に続き、隅鬼合端作業が始まりました。
sumi_oni01 sumi_oni02

前月、寸法切りが開始された熨斗も、使用場所ごとに仕分けされました。
noshi08

本格的な棟の施工に備え、衾瓦の選別および合端作業も急ピッチです。
fusuma01 fusuma02
こちらで使用された衾瓦ですが、幅が3尺(≒90cm)もあります!

なお、比較の意味で、当ブログの本葺き瓦の現場で使用したものをアップします。サイズは、9寸のものを使用しています。
omune54


そして、工事は新たな段階に入りました。

下旬には、降棟の熨斗瓦の施工が始まりました。

台熨斗並びに肌熨斗の施工の様子です。
kudarimune06

そして、加工された捨熨斗の出番です。
kudarimune07

tag : 合端 大鬼 降鬼 隅鬼 降棟 捨熨斗 衾瓦

向拝降棟

今日は、濃い霧に包まれました。ところによっては、船の航行禁止が勧告された海域が出るなど、交通に影響が出たようです。

それでは、本日の現場状況です。

昨日に引き続き、大屋根の大棟では亀衾の施工が行われました。

棟の中心から左右に振り分け、対称に納まる様に配慮されています。
omune56
これは、合端の様子です。中心付近から西側を向いて撮影しています。
omune55
台熨斗付近に視点を置いて見ました。
omune57
亀衾を納め終えたところです。これは、中心付近から東側を向いて撮影しています。
omune58
鬼瓦の頭の部分から一枚。
omune59

また、北面の2箇所で、大棟と取り合う箇所の降棟の熨斗が納められました。
omune60

大屋根の作業も、残り僅かとなってきました。

向拝屋根も棟際の素丸が納められましたので、今後棟工事も本格化してきます。
gohai_sumaru01
そして、鳥居が設置されました。
壁際です。
gohai_omune01
鬼際です。
gohai_omune02

さて、本日のトピックスです。向拝屋根の降棟の施工が始まりました。
まず、トンネルの施工です。
gohai_kudarimune01
台熨斗の施工状況です。
gohai_kudarimune02
大棟際を除き、台熨斗の施工が終わりました。
北面です。
gohai_kudarimune03
南面です。
gohai_kudarimune04






降棟2

今日は、穏やかな陽気の一日でした。拙者も、別の現場で荷揚げなどをやっておりまして、結構汗をかきました。ということで、現場に着いたのは、16:00頃でした。

まずは、南側から見た全体画像です。
sumaru45
今日の主な作業は、この画像の右側(東側)で行われています。

妻屋根では、水切熨斗の施工が始まりました。最初は、面戸瓦の施工です。
mizukirinoshi10
その後、熨斗を一段施工するところで、今日は終わりました。
mizukirinoshi11

また、追加で発注していた掛巴が届きましたので、早速施工が始まりました。
minoko24

そういえば、今日は、この棟足場をウロウロしていたのですが、この屋根の高さを、どう撮ったら伝わるか考えてみました。
asiba08
そこで、こういう風に撮ってみました。いかがでしょうか?ご近所の屋根が下のほうに見えます。
asiba09

さて、昨日に引き続き、降棟の施工が行われています。冒頭に申し上げましたように、今日は東側の2箇所の施工を行っています。

これは、南面の施工の模様です。拙者が到着した時には、北面の熨斗積みは終わっていました。
kudarimune29

昨日、書かせていただきましたが、降棟の中に鎖を入れていますが、大棟の下地の鉄骨に巻きつけています。
kudarimune30

また、全ての熨斗は、シリコンでの接着を併用しています。
kudarimune31

まだ、施工段階ではありますが、角度を変えてご覧いただきます。ちなみに、ご覧いただくのは、昨日熨斗積みをしてました南西の棟です。
kudarimune32
kudarimune33
kudarimune34
kudarimune35

明日は、雨の予報が出ていますので、なんばんが雨で流れないように、今回の冠(かんむり)瓦である亀衾(かめぶすま)を仮に被せて、雨養生をしました。
kudarimune36


プロフィール

himomaru

Author:himomaru
瓦の世界に少しでも興味を持っていただけたら、幸いに思います。

このブログはリンクフリーです。

画像をクリックしていただくと、大きいサイズで見ることが出来ます。

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。